ブングテン24 開催模様のご報告

0

    ■ブングテン24 開催模様のご報告

     

    6/18に開催したブングテン24の開催模様のご報告です。
    ・・・・・3週間も経ってしまいました!
    とはいえ、この先何年も残る記録なので
    報告なし!という訳には参りません。

     

     

    さぁ、ブングテンがオープンしました、となる前に
    実は毎回準備が整ってオープンする前の時間は、出展者達の内覧会状態です。


    はじまってしまうとなかなか自分のブースを離れられないので
    事前に他の出展内容をチェックしたり、ワークショップをやってみたりという時間があります。

    今回、その時間帯に大人気だったのが、、、

     


    ブンボーグA 他故さんのX SHRPENER!
    テレビ番組がきっかけで生まれた超高級赤鉛筆専用鉛筆削りです。

    なかなか自分では買えないものを体験できるとあって
    ほぼ全員集結して興味津々。


    いやはやいいものを見せてもらいました。

    前置きが長くなりましたが、ご報告を始めましょう。

     


    ※コメントは出展者のツイッター、ブログ、FACEBOOKからの転載している部分があります。

     

    ◆◇◆ 展示・その他 ◆◇◆
     
    ■工房Q
    「ツールカードの世界」

     

     

    Twitter:@kobo_q
    HP:http://kobo-q.jpn.org/toolcard/index.php?page=all

     

    <ツイッターより>
    カード型ツールという、身近なのに超マイナーな世界を紹介することができて感無量です。
    「ツールカードの世界」これからも随時更新していきますのでよろしくお願いいたします。
     


    ほぼ同じサイズで多種多様な機能やデザインのツールカードの世界に
    びっくりした方も多かったようです。

     


    こういった製品の技比べ、アイデア比べは
    サイズと形という制限がある中でより面白さが増しますね。

     


     
    ■栗下 智
    「試して比べてホチキス 〜「軽とじ」機構のついたホチキス〜」

     

     

    Twitter:@h049z03t
    HP:『サークル星屑出版』https://c-h049zp.jimdo.com/

     

    <ブログより一部抜粋>
    ホチキスの試し打ちで閑古鳥が泣いたらどうしよう……
    なんて杞憂でした。
    皆様の笑顔に元気を分けていただいた素敵な時間を過ごさせていただきました。


    紙針のホチキスの試し打ちに関心を持っていただいたり
    お気に入りボールペンのOKBならぬ引き出しのセンターを決めるホチキス投票を提案されたり
    思わず次のイベントへのヒントをいただいてしまうことも。
    全てを実現できるかはわかりませんが
    また何らかの形でフィードバックできたらいいなと考えております。

     

     

    ブログにはまだまだ熱いメッセージがつづられています。
    是非こちらもご覧ください。
    → http://h049z03t.seesaa.net/article/451029665.html

     

     

     

    ■木木屋
    「普通のガラスペン」

     

     
    twitter: @kikiyastamp
    http://kikiyapon.exblog.jp/

     

    ブングテンでは、初めての展示を楽しみました。

    大好きなガラスペンを試し書きしてもらって、「普通に使える!」「柔らかい書き味」と感想を

    いただき、我が子が褒められた母親の気分でした。

     

    皆様にありがとうございました!と伝えたいです。

     

    木木屋

     

     

     

    ■kana
    「家具型鉛筆削りの展示とプレゼントコーナー」

     

     

    http://blogs.yahoo.co.jp/kana883950

     

    <ブログより抜粋>
    今回は家具型鉛筆削り。
    親しみ易いのにレア物が多く、熱心に語りかけてくださる方が何人も。充実した1日でした。
    他の出展ではブンボーグA他故さんのXシャープナー。NHKのスゴ技で取り上げられた1品。
    感動の削り心地でした。

     


    ■たいみち
    「消せない消しゴム展」

     


    twitter: @tai_michi
    http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi

     

    久しぶりの消しゴム集中展示。
    私の集めている消しゴムは、主に事務用の古い消しゴムなので
    地味だしゴム臭きついし、、、
    大丈夫かしらと不安なスタート。

     

    でも予想以上にたくさんの方に興味を持っていただけました。

     

    人気は豪華な金属ケースの飛び出す消しゴムや
    今でも甘いにおいがする昭和レトロのカラフルな消しゴム。

     

    「匂い嗅いで見てください」
    「あ〜、そうそうこの匂い!あったあった」

     

    昭和のころに少女だった皆さんの、

    少女のような笑顔を見ることができました。

     

    展示だけではつまらなかろうと
    古い消しゴムの消せない体験コーナーを設けました。

     

     

    100年も前のカチカチの消しゴムは、
    こすったとたん笑い出してしまう消せなさ具合。

     

    一点想定外だったのは
    大正時代の消しゴムが最初は消せなかったのですが、
    皆さんが熱く握って消そうとしているうちに、

    最後の方は柔らかさが戻って消せるようになったことです。

     

    ちょっとした発見です。

     

    お立ち寄りいただいた皆様
    ありがとうございました!

     


     
    ◆◇◆ ワークショップ ◆◇◆

     

    ■手づくり文具雑貨工房
    「オリジナルリングノートを創ろう!!」

     

     
    twitter: @tezukuribungu
    facebook::@tezukurikoubou
    HP: tezukuribungu.com/

     

    初出展の手づくり文具雑貨工房さんは
    リングノートを作るための大きな機材を持ち込んでのワークショップ。


    ブングテンは初めてですが、リングノートづくりのワークショップは
    何度も実施しており経験豊富。

    ブングテンでも小さなお子様が楽しそうに作っていました。
    オリジナルのノートが作れるっていいですね。

     


     
     
    ■shoe
    「学習ノートに落書きしよう!」

     

     
    twitter:@1778mm

     

    <ツイッターより>
    自分のニッチな好みを共有してくださったみなさま、ありがとうございました。
    色々お話ができて私がとっても楽しかった。。。(////´-`////)


    ブングテンを振り返り、何かもっとできたんじゃないかな?とぐるぐる考えています。。
    次回はノート紙のちり紙交換会とか、どうかなぁ。

     

    初出展のshoeさん。
    次回登場の時は、より素敵なプログラムを用意してくれそうです。
    乞う!ご期待!

     


    ■ブンボークA(エース) 他故壁氏
    「折れない赤鉛筆を生み出す脅威の『専用鉛筆削』

    X SHARPENERを100円払って試してみよう!」
     


    twitter: @takokabeuji
    http://powertac.blog.shinobi.jp/


    他故さんはいつも一押し文房具を携えて、
    文房具体験を提供してくれます。

    今回は「X SHRPENER」という赤鉛筆を折れないように削るという特殊なモノ。
    削る赤鉛筆もメーカー、品番が決まっているというニッチな道具です。

     


    本来なら購入した人だけ味わえる削り心地や
    削りかすの素晴らしさ、削りあがった鉛筆の肌触りなどを
    ブングテンのお客様や出展者は嬉しそうに堪能していました。

     


    もちろん他故さんの詳しい解説つきで、お客様との話も弾み
    ちょっとした鉛筆削りサロンのようでした。

     

     

    ■ジブング研究所
    「鉛筆キャップワークショップ」

     


    twitter: @toru50

     

    今回はいつもブングテンでやっている紙まき鉛筆に、
    キャップもつけるというワークショップをしました。


    可愛い紙を大量に仕入れた結果、興味をもっていただけたようで
    ブングテン目当ての方、近所の方
    近くのワンコイン落語を観たついでに来た方など、
    沢山のお客さんやっていただきました。

     

     

    個人的には、カード文具コレクションにやられました。
    フォーマットが揃っているだけでこんなに面白いんだと
    文具の世界の深さに魅了されました。

     

     

    ■トラベラーズノートはりはり会
    「#トラベラーズノートはりはり会 細井研作の旅ノート」

     


    facebook:https://www.facebook.com/hariharikai
     
    トラベラーズノートの公式ユーザーに認定されたトラベラーズハリハリ会の研さん。
    本気で使い込んだ旅ノートを並べて、今回もお客様と一緒におしゃべりしながらハリハリしているところは
    本当にいつも楽しそうです。


    特別なことはしなくても、
    自分が楽しんでいることをうまく伝えるだけで

    人は集まるのだなぁと毎回教えられます。

     


    そして動画や写真も得意な研さんがブングテンの報告で
    素敵な動画を作っていました。

    コチラ、是非ご覧ください!
    → https://www.facebook.com/hariharikai/videos/vb.211990252230997/1326056447491033/?type=2&theater


     
     
    ■川窪万年筆
    「ワンコイン万年筆クリニック・羽ペン作成ワークショップ」

     


    twitter: @kawakubo_fp
    facebook: katsumi kawakubo
    HP:http://kawakubofp.com

     

    ワンコインクリニックはお馴染みのプログラム。

    大変お得なのを知っている万年筆ユーザーの方々が今回もたくさん訪れてくれました。


    あれ、目の所につける道具(マクロレンズですかね)が新しくなりました?
    毎回あのメガネのような道具がかっこいいなと思っています。。。。(^.^)

     


    そしてもう一ネタは「羽ペンつくり」
    いろいろな羽にペン先を付けて、ふわっと可愛らしいペンになります。


    ペン立てもついてるので、デスクに置いて、いつでも使えます。

    この羽ペンで手紙を書くときは、いつもより美しい字が書けそうな気がします。
     
     

    ■きたきつねの文具館
    「測量野帳を木目に変える」

     


    twitter: @dr_northfox
    http://northfox.cocolog-nifty.com/stationery/

     

    じわじわと人気の測量野帳。木目に変える?木の板に変えるの?
    と思ったら、木目のシートを活用したワークショップ。

     

    もともと外で使う為のものなので、木目との相性も良く、
    ちょっとした工夫で違うものにできるところがオモシロイです。

     


     
    ■羽鳥喜代志
    「飛び出すカードを作ろう」

     

    twitter@kiyhat

     

    「飛び出すカード」と聞いて、簡単なものをイメージしたところ
    サンプルが豪華で凝っていてびっくり!

    すごいけどこれ作るの大変そう、という人向けには
    シンプルなバージョンも。

     

     

    自分で本やネットを見て作れなくもないけれど、
    こういう所でおしゃべりしながら作るのが
    楽しいんですよね。

     

     

    ■[&B]の革の手縫いワークショップ
    「革とタイベック®︎で封筒ペンケースをつくろう」

     

     
    twitter@acura_rossi
    http://www.and-bungu.com/
    FACEBOOK:
    https://www.facebook.com/and.b.honda

     

    <ツイッターより>
    ご参加・拡散ご協力ありがとうございました
    タイベックR?×レザーのアイテム、ご好評につき今後も展開してゆきます!よろしくお願いします!

     


    毎回ネタを考えて考えて、勝負をかけてくる&Bさん。


    お客様と一緒に作ることと共に、ネタの反響が元気の源になっているようです。

    次回は何を持ってきてくれるか、楽しみに待ちましょう!

     

     

    :-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:

     

    ブングテン24の報告は以上となります。

     

    今回は4名の初出展の方を迎え、フレッシュな顔ぶれのブングテンとなりました。

    またお客様も、落語会の後で立ち寄ってくださった方や

    大学のサークルの方など色々な方にお会いすることができました。

     

    楽しい一日でした。

     

    次回ブングテン25は11/19(日)に開催予定です。
    近くなったら開催のお知らせをブログにアップしますので
    よろしくお願い致します。

     

     

    次回もいろいろな方に出展していただき、

    たくさんのお客様にご来場いただければと思います。

    今後ともよろしくお願い致します!


     
     


    ブングテン23 開催模様のご報告

    0

      【ブングテン23 開催模様のご報告】

       

       

      11/20(日)雑司ヶ谷地域文化創造館で

      ブングテン23を開催いたしました。

      あっという間に2週間たってしまいましたね(^_^;)

       

      遅ればせながら開催模様のご報告です

      が、

      その前にお知らせです。

      来年2017年のブングテンは6月18日(日)11月19日(日)です。

      毎年5月に開催しているのですが、来年は5月ではなく6月になりますので

      ご注意ください。

       

      ではご報告です。

       

      ◆◇◆ イベント ◆◇◆  ※会場:第4会議室
       
      ■OKB48選抜総選挙 選挙管理委員会
      「第6回 OKB48選抜総選挙 握手会」

      http://okb48.net/
       

      今年で6回目になるOKB48選抜総選挙。(お気に入りのボールペンを選ぶ選挙です!)

      初回を除く第二回目以降毎年ブングテンで握手会(試し書き会)を開催しています。

      今年も108件の熱い投票がありました。

       

      さて、ブングテン単独の投票結果の発表です!

      握手会の配点は1位5点、2位4点・・・5位1点の傾斜式です。

      過去5年の総合順位はジェットストリームが5連覇中。

      今年のブングテンではどういう結果かと言いますと。。。

       

      1位〜15位です。

       

       

      16位〜48位です。

       

       

      中々面白い結果が出たようです。

       

       

      スポンサーの文具王に総合プロデューサー古川さん、この結果、いかがですか?

       

      *OKB48の投票は12/31までWebでも受け付けています。

      → http://okb48.net/

       

       
      ◆◇◆ ワークショップ ◆◇◆  ※会場:第一練習室
       
      ■イロブン きだてたく
      「クレヨン溶かし機で作るカラフルマーブルクレヨン」ワークショップ

      twitter: @tech_k
      http://irobun.com

       


      カラフルで見るからに楽しそうな機械はマーブルクレヨンを作る機械。

      クレヨンを選んで溶かして混ぜ、固めるとオリジナルのマーブルクレヨンができあがり。

       

       

      溶かしているところです。

      この部分、ちょこっと動画があるので見て見てくださいね

       

      https://youtu.be/aqhu3ntUu6A

      すごいでしょう!こんなふうに目の前で変化が起きるのはとてもワクワクします。

       

      この後は冷えて固まるまでひたすら待つ!

      このワークショップ、一見人気がないように見えるのですが

      実は固まるまでの待ち時間があるためで、ブングテンの開始から終了までずっとお客様が

      順番待ちをしている満席状態でした!

       

      固まるとこんなクレヨンが出来上がり。

      大人も子供も楽しめるワークショップ、いいですね!

       

      ■栗原まもる
      「マンガにおけるホワイトの効果を実感しよう」

      twitter@kurimamo
      http://ameblo.jp/kurimamo
       

      はじめはお客様が素通りするばかりで「ミスノンの展示みたいになってる」

      「集中線(以前ブングテンでやったワークショップ)はスターだった」と嘆いていたものの

      途中でワークショップタイトルを変更し追い上げられたようです。

       

       

      変更したタイトルがコチラ!

      確かに分かりやすくなりましたね。

       

      栗原先生より

      ブングテンに来てくださった皆さまありがとうございました。

      出展する度に自分では当たり前になっていることが当たり前ではないのだという

      新しい驚きがあります。

      ハッとさせられます。

      ともあれ5時間まるっと暇じゃなくて良かったですww

       


       
      ■川窪万年筆
      「万年筆ワンコインクリニック+タイプライターで遊ぼう」


      twitter: @kawakubo_fp
      facebook: katsumi kawakubo
      http://kawakubofp.com
       

       
       

      超重量級の電子タイプライターと電気タイプライターを

      運んでくれた川窪さん。

       

      レトロでアメリカンな感じがとてもかっこいいです。

       

       

      調整がなかなか大変だったようですが、

      ちゃんと動くようになり、タイプライターの音とお客様の歓声が聞こえて来ていました。

       

       

      とてもキーが軽く、「優秀な発明品」とおっしゃっている方もいました。

       


      ■&B
      [&B]手縫いの革文具ワークショップ
      「本革のA7メモジョッターをつくろう」


      twitter@acura_rossi
      http://www.and-bungu.com/
       

       

      毎回革を使った手作り文具のワークショップを開催してくれる&Bさん。

      今回はオリジナルジョッターでした。

       

       

      開始早々予約で半分埋まり、終日席が空くことなく

      たくさんの方がオリジナルジョッター作りを

      楽しんで行かれたようです。

       

      革を加工するときに使う道具の音が

      ブングテン会場に響き渡り、楽しい雰囲気を醸しだしていました。

       

       

       

      ■木木屋
      「けしけし消しゴムはんこで年賀状を作ろう!」


      twitter: @kikiyastamp
      http://kikiyapon.exblog.jp/

       


       

      消しゴムはんこの木木屋さんは

      削る消しゴムハンコはもちろんのこと

      削らないハンコもお得意です。

       

      丁度年賀状のシーズン。

      とりの年賀状、つくれたかな。

       

       あれ、彫刻刀で彫ってる。

      ご希望があれば彫るのもあり、という木木屋さんでした。


       
      ■羽鳥喜代志
      「下敷きをつくろう」

       
      twitter@kiyhat

       


       

      最初は栗原先生に描いていただきました。

      だいたい、お子さんは何を描くかパッと決まり、
      大人はなかなか決められない傾向があって面白かったです。

       



      サイケデリックな象は、
      学校でやったパッチワークに影響を受けて、
      それから描く絵がこんな感じになっているそうです。

      羽鳥

       


       
      ■きたきつねの文具館
      「最適なホッチキスの針外し」

       
      twitter: @dr_northfox
      http://northfox.cocolog-nifty.com/stationery/
       

       

      以前実施した「シール剥がしワークショップ」に続いて

      「ホッチキスの針外し」ワークショップとモノをきれいに取り除くのが

      お得意のきたきつねさん。

       

       

      ホッチキスの針外しというと、ホッチキスの後ろについている

      出っ張りを思い浮かべる方が多いでしょう。

       

      でも実はこんなにあるんですよ。

      これらをさわってみるだけでも

      なかなかできない体験です。

       

       

      最適な方法を習得で来たでしょうか。


       
      ■ジブング研究所
      「におい鉛筆!with 中村文具店」


      twitter: @toru50 

       


      紙巻鉛筆のジブングさん。

      紙巻鉛筆のレパートリーがどんどん広がる様が

      毎回楽しみです。

       

      今回は古新聞を使ったにおい鉛筆。

      古新聞にアロマの香りがよくしみこんでいました。

       

       

      見た目も楽しい。

      英字新聞をつかったおしゃれな鉛筆を見たことがありますが

      日本の古い新聞というのがいい。

      独特のレトロ感ですね。

       

       

      ◆◇◆ 展示・その他 ◆◇◆  ※会場:第一練習室

      ■手帳社中
      「手帳!展ててんmini 」

      Twitter @techoshachu
      http://techo-shachu.com
       

       

      文具好きな方々が集まるブングテンで手帳の展示はどうなのかな?と少し不安もあったのですが・・・
      いつもとてもよい雰囲気のイベントであること、

      手帳シーズン真っ只中でもあったせいかとてもたくさんの方に手帳!展を楽しんでいただけたのかなと思っています。
      ありがとうございました。

       

      手帳社中

       

       


      ■kana
      「ロボット型鉛筆削りの展示とプレゼントコーナー」

       

      http://blogs.yahoo.co.jp/kana883950
       

       

      どんな形の鉛筆削りも持っているkanaさん

      今回はロボット型の鉛筆削り。

      「アメリカの個人製作の戦車ロボットが予想外に受け(爆笑)てました。」と

      ブログに書いていましたが、

      それはの写真のみぎのものかな?

       

       

      ホントに何でも出てくることに驚きます。

       

      そしてダブっているものを

      惜しげもなくプレゼントしてくれるのも

      嬉しいところ。

       

       

      プレゼントコーナーはいつも小さい男子に好評です。

       

       

      ■INOUE
      「太芯シャープペンシル専門店」

       
      Twitter:@everfutoshin

       

      地味に太芯シャープペンシルのコレクションを膨大に持つINOUEさん

      毎回違うものが登場しています。

       

      そして、割と毎回お子さんが楽しんで試し書きをしていたりするんです。

       

       

      そういえば、子供が力を入れても折れないように

      太芯の子供用シャープペンシルなんてものもありますね。

       

      この看板も何気に可愛かったり。

       

       

      太芯シャープペンシルの展示は

      幅広い世代に語りかけています。


       
      ■ものぐさ博物館 館長
      「回して使う文房具」

       
      http://blog.livedoor.jp/uc2/

       

      筆記具の展示が多いものぐさ館長ですが

      今回は筆記具に加えて「回す」ものを色々展示。

       

      回す、というと鉛筆削りが順当なところですが

      さすが館長、出してくるものがひと味違います。

       

      左の鉛筆削りはオルゴール付き。

      流れる曲は「赤とんぼ」 ・・・・淋しい(笑)

       

      そして右側の鉛筆削りは製図用で

      芯を長ーく出して削ることができます。

       

       

      得意の筆記具は三角軸の繰出し式シャープペンシル。

      丸いところを回すのかな。

      形も模様も質感も渋くていいですね。

       

       

      ■たいみち
      「穴を開ける事務用品」

       
      twitter: @tai_michi
      http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi
       

       

      小切手に数字を打ち込むための道具を中心に

      「穴を開ける事務用品」を展示しました。

      100年以上前の物が中心になりましたが、稼働するものも多く

      この機会にお客様に触って操作してもらいました。

       

       

      動かしているところをジブングさんが

      動画に撮ってくれました!→ https://youtu.be/UgrfnsesTQo

       

      紙に数字の穴を開けたり、鳩目を打つだけなのですが

      まずこれだけ古い道具がまだ動くことと

      よくできたつくりに驚かれる方が多くいらっしゃいました。

       

      予想以上に楽しんでいただけたようで

      良かったです。

       

      ブングテンという小規模のイベントだからできる

      体験型展示。

      お立ち寄りいただいた皆様

      ありがとうございました。

       

      たいみち

       

       

       

      ■isu
      「シャーペン同好会7」

       twitter: @mpdokokai


       

      今回も10名以上の参加者で、テーブルだけでは収まらず、椅子にもコレクションを広げ、ひたすらシャーペンについて語り合いました。

      皆さんそれぞれ見たことのない珍しいシャーペンを持っていたので、今後は撮影スペースを作り、データとして撮っておくのもよいかなと思っています。

       

      isu

       

       

       

       

      さて、ご報告は以上です。

      会場が変わり、お客様は来てくれるだろうか、

      初めての会場に出展者は全部おさまるだろうか

      そんな心配をしながらの開催でしたが、

      本当にたくさんのお客様にお越しいただくことができ、

      出展者も楽しい一日を過ごすことができました。

       

      来年のブングテンは6月18日(日)※5月ではありません

      11月19日(日)です。

       

      今年一年ありがとうございました。

      来年もよろしくお願い致します。

       

       

       

       

       

       


      ブングテン22開催報告

      0
        ■ブングテン22 開催報告

        5月22日、ブングテン22を雑司ヶ谷地域創造館で
        開催いたしました。
        半年ぶりの開催です。





        【展示・その他】

        ■kana
        「馬車型、汽車型鉛筆削りの展示とプレゼントコーナー」
        http://blogs.yahoo.co.jp/kana883950







        昨日、久々にブングテンに参加しました。
        今回は馬車、汽車型鉛筆削りの展示とプレゼントコーナーでした。
        予想以上に子供たちの食付きが良かったです。
        (ブログより転載)

        久しぶりに出展のkanaさんは、会場入り口で
        前を通る方へ「文房具のイベントですよー」と声をかけ
        足を向けてくれた方へ
        プログラムの配布をするという活躍ぶり。

        お馴染みの「鉛筆削りのプレゼント」も
        お気に入りを見つけた人が
        嬉しそうにお友達に見せていました。


        ■Flix 
        「文房具ブツブツ交換会」
        twitter:@Filix_ 



        ブツブツ交換のために並んだ種種雑多な文房具とマスキングテープ
        それにFilix_さんの笑顔はブングテンを親しみやすく感じでもらうための
        最前線配置。

        ブツブツ交換はブングテンの早い時期からのプログラムで
        どこかで不用品となった文房具が地道に回転されています。

        「交換」をきっかけにFilix_さんとの雑談もプログラムの一つ。
        これからも続けて欲しいですね。






        ■isu
        「シャーペン同好会5」
        twitter: @mpdokokai






        「ブングテンでは4回目となる「シャーペン同好会」ですが、回を追うごとに参加者も増えています。
        今回もまた、珍しいコレクションや、見たことのないシャーペンに触れることができました。
        次回ブングテンは11月ですが、近いうちにまた別のところでも「同好会」ができたらと思います。」
        (ISU)


        ■ものぐさ博物館 館長
        「色々な青ボールペンの色を書き比べてみよう」
        http://blog.livedoor.jp/uc2/



        青ボールペンの書き比べというすごいピンポイントのプログラムは
        館長ならではの視点とこだわり。

        実際書き比べの画像を見ると、ほんとに違いがあるものですね。

        この色の差を把握すれば
        青のボールペンだけで
        素敵なグラデーションの絵が描けるかも。




        というか、館長はもともと青のボールペンをこんなに大量に持っているのでしょうか?

        気になるところです。。。


        ■INOUE
        「太芯シャープ専門展」
        Twitter:@everfutoshin



        毎回太い芯のシャープペンシルだね、と侮ってはいけません。
        毎回違う太芯シャープペンシルなんです。

        一体どれくらいあるのだろうと
        想像してみたいようなしたくないような。。。

        今回は「ミニ」太芯でした。
        そしてもちろん試し書きあり!。

        INOUEさんの太芯布教活動はまだまだ続きます★





        ■藤川研究室
        「ペン軸パラダイス」
        Twitter:@hiragien 
         http://pensaki.cocolog-nifty.com/blog/










        つけペンのペン先や、箱に比べて
        ペン軸は、パッと見て「何かの筆記具だ」とわかりやすく
        興味を持って楽しんでいただけたようです。
        和風羽ペン・こけしや登山者の彫刻ペン・
        フェティアのつけペンセットなどが人気でした。
        (藤川研究室)

        ■たいみち
        「大正・昭和の文房具広告」
        twitter: @tai_michi
        http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi



        大正から昭和初期の文房具の広告を
        万年筆、鉛筆などの種類別と
        キャラクターがユニークな物や濃いキャッチコピーなどで分類して展示しました。

        古いものを写真を撮って加工して切り貼りしたので
        あまりきれいな画像ではなかったものの、
        熱心に見てくださった方が予想以上に多かったのは嬉しい誤算。

        また、当日古いボールペンの自動販売機を抽選器がわりに
        古い広告で勝手に作ったはがきをプレゼント。

        はがきよりボールペン自販機が人気で
        一番写真を撮られていました。
        私としても「これを見せたかった!」という感じなので
        人気ぶりに満足。
        ちなみに古いものなのでうまく出ないと中を開けて修正していたのですが
        外見以上に中の構造が人気でした。
        (たいみち)






        【ワークショップ】
        ■ジブング研究所
        「コロコロで版画できた!」
        twitter: @toru50









        家の掃除をしていて思いついたという画期的な「コロコロ版画」
        カーペットの掃除をするあのコロコロで
        模様になるものをコロコロとくっつけ、
        インクを付けてコロコロすれば
        あっという間に版画が出来上がり!

        アイデアもさることながら
        ジブングさんの色彩センスで
        用意されたインクもとてもきれい。

        紙巻鉛筆に次ぐ新たなスタンダードプログラムとなる予感です。


        ■木木屋
        「メッセージマグネットを作って遊ぼう!」
        witter: @kikiyastamp
        http://kikiyapon.exblog.jp/



        木木屋さんは消しゴムハンコの人ですが
        ブングテンで新ネタを繰出してくる率は
        ダントツTOP!

        今回も「メッセージマグネット」という新ネタを引っ提げて登場です。

        作り方は簡単!
        マグネットシートとマスキングテープで
        ささっと作れておまけに便利。

        お子様でもできるプログラムは嬉しいですね。

        余談ですが、木木屋さんは書道の先生でもあります。
        今回のブングテン会場で、ひっそりと関係ない取材を受けてました
        (聞いてないぞー!)

        よろしければご参照を
        デイリーポータル「書家の書いた宅配伝票 VS 茶道家の入れたミロ」
        http://portal.nifty.com/kiji/160524196611_1.htm


        ■トラベラーズはりはり会
        「「トラベラーズノートはりはり会 ♪」
        https://www.facebook.com/hariharikai







        思い出の写真や紙片をトラベラーズノートにはりながら
        おしゃべりしましょう!
        というはりはり会は、机の上に広がったマスキングテープや
        チラシ、カード、ラベルなどの紙片を見ているだけでも
        とても楽しくなります。

        今回、たまたま台湾からいらしたお客様達がいて
        今、台湾でトラベラーズノートが人気とのことで
        かなり長居されたそうです。

        そういう国際的な交流にもつながるって素敵ですね。
        最近は他の場所でも定期的に開催しているそう。

        皆さんも機会があったら是非はりはりしてください〜


        ■川窪万年筆
        「ワンコインクリニック」

        twitter: @kawakubo_fp
        facebook: katsumi kawakubo
        http://kawakubofp.com



        場所が変わってもワンコインクリニックは変わりません!
        今回はワークショップはなかったけれど、
        次回ワークショップ復活にも期待です。

        もちろんワンコインクリニックも
        やってくださいね。

        毎回思うけど、この道具カッコいい。。

        ■&B
        革文具ワークショップ
        「&Bの革巻き部」第1回〜シャーペンの巻
        twitter@acura_rossi
        http://www.iichi.com/people/and-b_bungu
        https://www.facebook.com/and.b.honda





        短時間ワークショップに挑戦の&Bさん
        きれいな紙で出来たシースー付きで
        普通のシャープペンシルが革巻きに早変わり。

        革と文房具って相性いいですね。
        &Bさんのセンスと進化っぷりが
        毎回楽しみです。


        ■juun
        【革紐のあわじ玉栞】
        twitter: @juunchan





        人気のワークショップ「ハサミコメル栞作り」のjuunさん。
        今回は新たなしおりのワークショップを引っ提げて出展です。

        繊細な手作業で、苦労した参加者の方もいらしたようですが
        みなさん無事に完成したようです。

        自分の手で作るものっていいですよね。



        ■羽鳥
        「ラミネートでオリジナルしおりを作ろう」
        JUGEMテーマ:文房具・ステーショナリー








        今回は新しい場所でどうなるかと思っていましたが、
        お客さんが多かったので良かったと思います。

        ただ、ワークショップに参加されたお客さんは少なかったです。
        お子さんのいる家族連れが少ないように思いました。
        参加された方は、楽しいと言っていただけたので、よかったです。
         
        また、最後の片づけを手伝っていただいたメンバーにも感謝です。




        今回のご報告は以上です。

        ご来場いただいた皆様、SNSなどで応援いただいた皆様
        どうもありがとうございました。

        場所が変わっても、開催までの期間があいても
        足を運んでくださるお客様の笑顔が
        出展者一同の励みです。



        次回のブングテン23は11月20日に開催予定です。
        1ヶ月くらい前になりましたら
        また告知をいたします。

        今後ともよろしくお願い致します。




         

        ブングテン21 ご報告 ***旧高田小学校***

        0

          2010年9月からスタートし、今年の9月には5周年と第20回を一緒に迎えたブングテン。
          今回のブングテン21をもって、今まで開催してきた旧高田小学校とお別れです。

          最後ということもあり、
          校舎の写真を撮っている人を
          多く見かけました。

          せっかくなので
          「ワークショップより学校の写真を頑張った」ジブングさんの写真を中止に
          旧高田小学校の風景をまとめました。




          前日から降っていた雨も、開催時間にはやみ、
          じきに青空が見えてきました。


          職員室前の廊下から。







          校舎外から。


          入口の黒板。
          いつも事務員さんが「みちくさ市」と書いてくれていました。
          今回は誰かが書き直したのかな?



          入口。
          ブングテンはいつもお客様がたくさんいらっしゃってくださるので、
          事務員の方がブングテンの時は事前に下足置き場を作って
          用意してくれました。



          ランチルームは、職員室から離れているので
          最初はお客様が来てくれるか心配でした。
          でも、回によってはランチルームの方が盛況になるくらい
          明るくて居心地の良いスペースでした。



          懐かしい手洗い場のお水は
          飲用禁止。
          窓辺には美術か工作の作品と思われるちょっと不思議なものが
          残されていました。





          プールの横を通って
          ランチルームに向かいます。


          校庭への出入り口。今は閉め切られています。





          突き当りにランチルーム。



          色々なワークショップやOKB48握手会など
          楽しかったですね!










          職員室は、基本カーテンを閉めていたので
          外の景色が記憶にない人も多いと思います。

          外は校庭で、球技のボールが壁にぶつかって驚くこともありました。

          職員室の片づけ終わったところの写真を撮っておけばよかったのですが、
          忘れてしまいました。
          片付けが終わるとみんなで集まって、お疲れ様でしたと言って終わります。



          さ、終了です。


          最後は、事務室で場所利用の報告書に記入して終了です。

          事務員の方は何名かいらっしゃるのですが、
          シフトの都合かブングテンの時は
          大体いつも同じ方でした。

          回を重ねるごとに
          準備や当日の人の出入りなどを把握して
          何も言わなくても協力的に動いていただき
          とても助けていただきました。

          このブログをご覧いただいているとは思いませんが
          ありがとうございます。
          お世話になりました。




          解散です。
          帰りましょうか。

          お客様も出展者の皆さんも
          ありがとうございました。
          そしてお疲れ様でした。

          どうぞこれからもブングテンをよろしくお願い致します。
           

          ブングテン21 開催模様のご報告

          0

            【ブングテン21開催模様のご報告】

            あっという間に今年もあと1か月と数日。
            ブングテン21開催からも2週間もたちました。
            既に少し懐かしくなってきた「ブングテン21」の開催模様をご報告いたします。

            11/15(日)、前日からの雨が残り、同時開催の手創り市さんは中止、みちくさ市は
            時間をずらして開催という状況でしたが、ブングテンは予定通り開催いたしました。




            ■isu
            「シャーペン同好会3」




            twitter: @mpdokokai
            http://blog.livedoor.jp/uc2/

            11時開場とともに、数名の若い男子(中高生くらい?)が
            足早に会場に入ってきました。
            「これはきっと。。」と思っていると、
            やはりシャーペン同好会へまっしぐら。

            第3回目となる「シャーペン同好会」。
            第2回目の前回で、今までのブングテンとはひと味違った
            新たな集合体が登場し、周りはみんな興味津々。
            今回も熱くスタートしました。

            さて、前回人だかりで確認できなかった机の上にあるものを確認。
            当然ですがそこにはシャーペンがたくさん。
            今回も終日盛り上がっていましたよ。



            そして前回、椅子があるのにほぼ立ったまま語っている姿に衝撃を受けましたが
            今回もスタートは立ったまま。

            でもさすがに途中座っているところも見てなぜだか安堵。(笑)

            シャーペン同好会の皆さんは、ブングテンに来ているのではなく
            シャーペン同好会に来ているんですよね。
            ブングテンは次の開催までしばらく間が空きますが
            シャーペン同好会単独開催、ありそうですね!
            今後の発展が楽しみです。


            ■ブンボークA(エース) 他故壁氏
            「古いジャポニカに思いっきり落書きをしてみる会」




            twitter: @takokabeuji
            http://powertac.blog.shinobi.jp/

            看板代わりのジャポニカノートの歴史がいいですね。
            これと少し古い時代のジャポニカで、すでにちょっとした展示です。

            昆虫表紙がなくなったことや、アマゾンで人気投票など
            今年いろいろ話題になったジャポニカ学習帳に落書をしようという企画は
            旧高田小学校での開催が最後となるブングテンに
            ピッタリのネタです。



            お客様は、少し古いジャポニカの表紙をみて
            懐かしがりながら、落書きTIME。
            落書しながら、他故さんのジャポニカ話も聞けるという
            一石二鳥のお楽しみ。



            どのお客様ともじっくりおしゃべりして
            満面の笑みの他故さんです。


            ■宇田川一美
            「封筒裏側100枚展」




            twitter: @udagawa_kazumi
            http://www.udagawa-file.com/

            前回の展示からさらに枚数を増やし、
            今回も紙好き、印刷好き、お手紙好きの方に
            じっくり見て頂けました。
            またどこかで展示できたらいいなぁと思っています。

            はじめて参加してから5年、ワークショップ、展示などいろいろな表現をさせてもらったブングテン。
            第1シーズンを卒業し(学校ですから〜)
            また、これからもあたらしい文房具の楽しみ方を追求してゆきます!
            これからもどうぞよろしくお願い致します。

            宇田川一美




            ■Flix 
            「文房具ブツブツ交換会」



            twitter:@Filix_ 

            不要な文具と不要な文具を交換する「ブツブツ交換会」
            意外と掘り出し物があったり、
            要らないけど、捨てられないものを託すのにぴったりの企画です。
            ブングテン出展メンバーの不用品持ち寄りもありますが、
            「使わないものがあって」とわざわざ持ってきてくださるお客様もいらして
            ちゃんと回転しています。

            そして、素敵なマステをたくさん持ってるFilixさんならではの
            測り交換も人気。
            イベント会場でしか手に入らないレアものもあって、
            見ているだけで楽しくなります。



            加えて、いつも笑顔のFilixさん。
            出展の度に職員室の入り口で
            お客様を笑顔で迎えてくれました!


            ■ものぐさ博物館 館長
            「シャーペンの替え芯」



            twitter: @monogusa3579
            http://blog.goo.ne.jp/monogusa-hakubutsukan

            シャーペン、芯ホルダーの筆記具に詳しい館長は、
            筆記具と一緒に活躍する消しゴムや芯にも詳しくて
            もうほんとにいろいろな種類を持っています。
            今回は芯の展示と試し書き。
            見た目でケースに特徴がある物や、
            ゴールド芯など懐かしいもの、かなりレアなものなど山盛りでした。

            更にそれぞれ使い心地も把握しているからすごい!
            たかが芯、されど芯。



            試し書きをしたお客様は、好みの芯にであえたでしょうか。
            出会えてもそれが廃盤である可能性が高いことはご愛嬌。
            せっかく書くのでしたら筆記具だけでなく、
            芯にも少し注目してみるのもいいですよね。


            ■INOUE
            「0.9ミリ芯シャープ大集合」



            Twitter:@everfutoshin
            どちらかというとしっかりした作りのシャープペンシルが
            並んでいる率が高いINOUEさんブースで、
            チープなシャープペンシルを見つけました。

            カラフルで、可愛らしいですね。
            これなら気軽に太芯にチャレンジできそうです。

            それと毎回試し書きをしているINOUEさん。
            今回の試し書きはというと



            可愛い猫の試し書きがありました。

            このかたは太芯ファンになってくれたかな?


            ■マグスター
            「ニッポンマグ大博覧会」


            twitter: @magster
            http://magster.net

            旧高田小学校最後となる21回目のブングテンでは、ふたたびスチールキャビネット(マグネットがよくつく!)をお借りして「ニッポンマグ大博覧会」を開催しました。
            5年間の集大成ということで今回は過去最高の展示数、なんと269マグ!


            世界に誇るニッポンの職人技・食品サンプルのマグネットや、じぶんで買い集めたり出張や旅行のおみやげにいただいた国内ご当地マグネットを赤・金・黒をテーマカラーにした背景にぎっしりとならべました。


            展示の写真撮影はいつでも大歓迎!たのしそうに携帯カメラを向けるお客様を見かけてうれしかったです。


            マグネット展示をご覧くださいましたみなさま、ありがとうございました。
            そしてブングテン参加メンバーのみなさま、おつかれさまでした。


            ■たいみち
            「小型鉛筆削り 明治から昭和まで」




            twitter: @tai_michi
            http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi

            小型鉛筆削りを展示しました。
            小さいし、時代によって質感やデザインもばらばらなので
            見やすくしよう!ということで、発砲スチロールを展示台に。
            鉛筆削り自体が小学生少年のイメージなので
            展示もそんな感じにざっくりと。



            アメリカの100年超の鉛筆削りもこんな扱い(笑)



            個人的に特に好きなのは、やはり大正〜戦前位のもの。
            新案特許登録をしているものも多く、
            特許データベースを調べては
            見つかるたびにテンションあがっています。
            今回、お客様にはその辺の勝手な思いも聞いていただきました。

            「戦車好きです」とか
            「ミラーマンの鏡って。。。」と鉛筆削りとは違った点に
            興味を持っていただいたお客様もいましたが
            そんなことも含めて
            鉛筆削りは楽しいものです。

            お立ち寄りいただいた皆様!
            ありがとうございました。

            来年以降のブングテンでも古い文房具の展示は続けるので
            また見に来て下さいね!

            たいみち

            ◆◇◆ ワークショップ ◆◇◆ ※会場:職員室

            ■木木屋
            「お名前はんこを作ろう!!」



            twitter: @kikiyastamp
            http://kikiyapon.exblog.jp/


            そろそろ年賀状のシーズンなので
            年賀状やいろいろ使えるお名前はんこ。
            木木屋さんお薦めの彫刻刀なら簡単にきれいに彫れます!

            という消しゴムハンコのワークショップ。

            木木屋さんのブースからはたびたび
            「すごーい!」「上手〜!」といった褒め言葉や歓声が上がり
            お客様の仕上がりも上々だったようです。

            そして今回の木木屋さんの「ウリ」は彫刻刀とともに



            このメガネ!
            手創りメガネだそうですよ。(ブングテンに関係ないんですけどね)
            これは光を当てると




            ほら!サングラスにもなるんです!

            と、とても楽しそうな木木屋さんでした★


            ■川窪万年筆
            「ワンコインクリニック」+「万年筆作成教室」




            twitter: @kawakubo_fp
            facebook: katsumi kawakubo
            http://kawakubofp.com

            ワンコインクリニックに加えて、いろいろなネタを仕込んでくる川窪さん。
            今回はこのパーツたちを使って



            万年筆作成のワークショップを開催しました。

            旧高田小学校でのブングテン集大成にふさわしい
            真っ向勝負のワークショップ。

            川窪さんワークショップ常連のお客さま方が
            熱心に作っていらっしゃいました。



            出来上がりはどんなふうだったのでしょう。
            ここで作った万年筆を長く愛用してもらえたら
            とてもうれしいです。


            ■古書カフェ くしゃまんべ
            「キノコ鉛筆(切り株付き)を作ろう!」




            Twitter:@KMB_oji
            http://ryodan.com/kmb

            キノコと聞いて、コロンとした赤いかさに白い水玉の可愛いキノコを想像したら、
            見本はその辺の茂みに生えているようなきのこでした。

            (切り株つき)の切り株は、消しゴムとか何か文具で出来ているのだろうと思ったら
            ガチな切り株でした。

            割と簡単にできるのかと思ったら、、、


            キノコのかさを作るのに、かなり長いことやすりに消しゴムを擦り付けるという
            地味な作業のワークショップでした。

            と、いくつもの想像を軽く超えてしまうくしゃまんべ店長のワークショップ。
            でも参加した皆様は妙にリアルなきのこ鉛筆(切り株付き)を手に
            満足げでしたよ。



            くしゃまんべ店長の発送力、すてきです。


            ■羽鳥喜代志
            「型板(テンプレート)を作ってみよう!年賀状むけバージョン」




            twitter@kiyhat
             
            昨年も11月に年賀状作成にむけてテンプレート作成のワークショップを行った羽鳥さん
            今年も「猿」の図案で実施です。

            細いところやカーブしているところを切り抜くのは
            ちょっと大変ですが、
            出来てしまえば年賀状がらくらく作成できます。
            こんなことがきっかけで、
            印刷年賀状から手作り年賀状に変えてみる人がいたら
            ステキですね!

            来年のお正月には
            このワークショップの型紙を元にした年賀状が
            文房具ファンの間を行き来するのでしょうか。


            ■きたきつねの文具館
            「最適なホッチキスの針外し」



            twitter: @dr_northfox
            http://northfox.cocolog-nifty.com/stationery/

            ブングテンには、何かについて熱く語れる人がいろいろいますが、
            針外しについて熱く語っていたのはきたきつねさん。

            色々なタイプの針外しを用意して、
            「うまいはずし方」をお客様へ伝授。

            針外しは、一見形が同じでも、メーカーや素材、作りの良しあしで
            外せる感が違ったりします。

            普通そこまで考えていないからこそ
            やってみて、あらびっくり!これすごい!
            となるわけですね。



            過去の「シールはがしワークショップ」も人気でしたが
            きたきつねさんは取り除く道具が得意ですね。

            シールとホッチキスの針の次は
            何を取り除くのか、楽しみです。


            ◆◇◆ ワークショップ ◆◇◆ ※会場:ランチルーム
             
            ■Kuff Luff
            「カードファイル作り」



            twitter @kuffluff
            http://kuffluff.com/

            封筒、紙はお好きなものを選んでいただきましたが、
            皆さんそれぞれ個性的な組み合わせで、
            オリジナリティあふれるファイルが完成しました。
            今回、お子様の参加は1名でしたが、
            大人顔負けの器用さで、
            ササーっと手際良く、それでいて丁寧に作っていく姿が印象的でした。
            完成品、愛用していただければ嬉しいです。

            KuffLuff




            ■トラベラーズノートはりはり会
            「トラベラーズノートはりはり会 ♪」



            https://www.facebook.com/hariharikai

            3回目の出展のトラベラ―ズはりはり会さんは
            今回はKENさんの単独出展。

            手帳に写真や切り抜きなど日常の中の紙片を
            ノートにはって楽しみましょう!という企画です。

            沢山のマスキングテープなど貼る道具にも凝っているので
            座って道具を見ながらあれこれ考えているだけでも
            ワクワクします★

            今回、KENさんは、とても久しぶりの友人の方々と再会できたそうで、
            新旧含めて人と出会えるイベントっていいねと
            言っていました。



            イベントやって、そこで出会って、新たに手にした紙片をはりはりして
            そんなサイクルがゆっくりずっと回っているといいですね。


            ■juun
            「ハサミコメル栞づくり」



            twitter: @juunchan

            ハサミコメル栞は、マスキングテープとクリアファイルを活用した
            ちょっとしたアイデアグッズ。

            かんたんに作れて、かわいいし使い勝手もいいというステキなしおりです。



            小さなお子様も、好きなマスキングテープを選んで作成!

            マスキングテープは文房具柄も充実しています。



            SEEDとマッキ―柄なんてのもありました。
            文具好きなブングテンのお客様にぴったり!!!ですね。


            ■ジブング研究所
            「いろいろエンピツ」



            twitter: @toru50

            小学校でやれるのが最後だったのでワークショップそっちのけで、校内の写真撮りまくっていました。
            あと、たまたま大阪から東京に旅行できていた文房具好きの女の子がいて
            文具王紹介したらものすごい喜んでいたので、とても良いことした気分。

            ジブング研究所



             


            ■&B
            手縫いの革文具ワークショップ
            「えらべる♪ペンホル」ワークショップ



            twitter@acura_rossi
            http://www.iichi.com/people/and-b_bungu

            【ご参加ご来場感謝!!】
            昨日のブングテン21では&B(アンド・ビー)のペンホルダーワークショップに
            ご参加ご来場いただきありがとうございました!

            早速カバンに取り付けてくださったお客様、ご家族で参加してくださったお客様、
            コードバンのシステム手帳に使ってくださるというお客様。

            以前のペンがまWSの仕上げに来てくださったお客様、
            早速ほぼ日にセットした写真をツイートくださったお客様も❤

            また、リピートの方が今回は3人も(≧∇≦)!!

            ブングテンには毎回新作という目標を自分に課していましたが、とても励みになりました!
            旧高田小での開催はコレで最後ですが、ブングテンは来年もつづきます。

            どうぞよろしくお願いします!




            展示、ワークショップのご報告は以上になります。

            今回、雨天の為ブングテンショップのブング店は
            開催いたしませんでした。

            また、旧高田小学校を会場とするのは
            今回が最後の為、お客様・出展者ともに
            学校の写真を撮っている方を多く見かけました。

            せっかくですので、
            おまけ版としまして小学校の写真を別記事でUPします。


            次回のブングテンは来年5月を予定しています。
            会場はまだ決まっていませんが、雑司ヶ谷付近で探しており
            これまで通りみちくさ市の日程に合わせて開催予定です。
            年が明けるころには次回ブングテンについてお知らせできる予定です。

            どうぞ来年もブングテンをよろしくお願い致します。




             

            ブングテン20 開催模様のご報告

            0
              【ブングテン20 開催模様のご報告】

              9/20(日)、予定通りブングテン20を開催いたしました。
              2010年9月に第一回目を開催して、とうとう6年目に突入したブングテンの
              20回目の開催模様をご報告いたします。



              [イベント] 会場:ランチルーム
              第5回「OKB48選抜総選挙」握手会
              http://okb48.net/




              48種類のボールペンに投票するOKB48選抜総選挙。
              ブングテンでのOKB48握手会(試し書き)投票数は155票。
              OKB総選挙選挙の初日であることを考えれば、とても優秀な数です。
              狙って訪れたお客さんも多数いらっしゃいましたが、
              偶然通りかかったカップルや家族連れの方も多く、
              みなさん握手(試し書き)楽しんで頂いていたのが嬉しかったですね。
              (総合プロデューサー 古川耕)



              午後には満席になり、ひたすら試し書きをする光景が続きました。


              第5回OKB48選抜総選挙 選挙管理委員会



              [イベント2]*会場:職員室

              ■ブングテン1〜19 写真展



              過去19回目までの告知画像と写真を一挙に展示した
              写真展。

              懐かしいシーンが盛りだくさん。
              「これ見たことある!」「こんなのあったね」
              出展者や何度も来て下さっているお客様から
              懐かしむ声が聞こえました。

              30回目や40回目にも
              この続きを展示したいと思います。


              [展示・その他]*会場:職員室

              ■Flix 
              「文房具ブツブツ交換会」

              twitter:@Filix_ 



              ブツブツ交換会は、不要な文房具を持っていくと、
              他の方が不要として出してきた文房具と交換できます。

              「え、これ、交換してもらっていいんですか!?」という声が上がるほど
              お得な交換ができることもあり!
              それからマスキングテープを山盛りもっているFilix_さんならではの
              「測り交換」

              こちらもお客様が嬉しそうに素敵なマステをゲットしていかれました。





              ■yellowdali
              「戦前の日本のシャープペンシル」


              twitter: @yellowdali
              http://blogs.yahoo.co.jp/yellowdali



              2回目で初テーブル展示のため、どのくらいの量の展示を行えばよいかわからず、
              かなりごちゃっと詰め込んだ感じになってしまいました・・・
              もう少し要点を絞れば、説明ももっとできたのだろうと反省しています。

              今回の展示は大正から昭和初期にかけて
              *大正初期(〜大正8年(1919年))
              *大正9年(1920年)〜大正12年(1923年)
              *大正13年(1924年)〜昭和15年(1940年)
              と3部に分けて紹介させていただきました。

              この頃のシャープペンシルは、”繰り出し式”と呼ばれる軸の一部を回して芯を出すものでした。
              現在のシャープペンシルで主流である’ノック式’は昭和の初期にやっと
              一部のメーカーが作り始めました。

              今回残念ながら来ることができかなった方々のために、
              ダイジェストですが、ブログで展示内容を紹介させていただいています。
              是非ご参照ください。

              http://blogs.yahoo.co.jp/yellowdali/65211388.html





              ■isu
              「シャーペン同好会2」

              twitter: @mpdokokai
              http://blog.livedoor.jp/uc2/



              熱きシャーペンファンたちが、開場と同時に集まって
              ほぼ終日シャーペンについて語り合った「シャーペン同好会」

              最初は、椅子があるのに皆さん立ったままで


              ええ、それはもう「座っている場合じゃない」という熱中ぶりが会場の端にいてもわかる
              盛り上がりっぷりでした。

              最後は座って



              とにかく終日語り合っていたのです。

              「何の話していたんですか?」
              「シャーペンの話」
              だそうですよ。

              シャーペンファンが集まる新たな場として
              今後どれだけファンが増えていくのか楽しみです。


              ■ものぐさ博物館 館長
              「製図用シャープペンシルの展示」

              twitter: @monogusa3579
              http://blog.goo.ne.jp/monogusa-hakubutsukan



              シャーペンと言えば、館長のコレクションも相当なモノ。
              山盛りのシャープペンシルは、レアなものも山盛り。

              文房具店で宝探しをしている館長の展示は
              もてるだけ持ってきただけあって
              この展示自体が宝探しのようでした!




              ■INOUE
              「20回目なので、2,0ミリ太芯シャープ大集合+1,3ミリ芯試し書き」

              Twitter:@everfutoshin



              inoueさんのシャープペンシルは、0.5より太い芯の「太芯シャープ」
              今回は20回なので2.0mm以上でそろえてくれました。

              いつもは大人が興味を示すinoueさんの展示ですが、
              今回、お子さんが試し書きしているシーンも。



              そういえば、海外ではお子様用のシャープペンシルはお子様様のものがよくあります。
              小さいお子様が力を入れて書いても
              折れづらいからですね。

              inoueさんが心配そうなのは、お子さんの心配なのかコレクションの心配なのか。
              どちらなんでしょうね。
              どちらにしてもほほえましい光景です。


              ■マグスター
              「秋のパンマグ祭り」


              twitter: @magster
              http://magster.net

              記念すべき20回目のブングテンでは、念願のスチールキャビネットブースをお借りして、「秋のパンマグ祭り」をテーマに展示しました。

              古いものは1980年代のアメリカのメーカーのキッチンマグネットから、新しいものではブングテンの前々日にかっぱ橋道具街まで買いに走った食品サンプルマグネットまで、198個のパンマグネットをバチン!バチン!と(キャビネットのスチールは磁石のつきが最高によいのです)貼り、展示を見にきてくださったおなじくたべものマグネットがだいすきなコレクターさんとお話をしたり、いただいた質問に汗だく&早口でお答えしたり、わたし自身がパンマグ祭りをいちばんたのしんだ1日でした!

              ご来場くださいましたみなさま、ありがとうございました。
              また次回、たくさんのマグネットとともにお目にかかれることをたのしみにしています。

              マグスター








              ■たいみち
              「たいみちのブングテン 1~19ダイジェスト」


              twitter: @tai_michi
              http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi



              ブングテンが始まってからはや丸5年。
              だんだん自分でいつ何の展示をしたかわからなくなって来たりしていたので
              過去の展示をダイジェストで並べました。

              いらして下さったお客様には
              「どういう展示ですか?」と質問を受けること数回。
              そうですよね、古いものがごちゃっと並んでいる展示でしたから(笑)

              全体ではわかりづらいものでも
              ピンポイントで
              「これかわいい」「オモシロイ」という声を聞くことができたので
              良しとしたいと思います。

              これからも過去とかぶらない展示(できるだけ)をめざして
              古いものを並べていきます。

              ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

              たいみち

              ■螢窓舎
              2011年の壁新聞



              「2011年のブングテンで展示した壁新聞を展示します!」
              開催直前に展示が決まった懐かしい壁新聞。

              文具川柳や4コマまんが、
              文具小説などなつかしはずかしのコンテンツがいっぱい。

              ちゃんとブログに載せてお知らせしなかったことが悔やまれます。

              ブングテン30の時に、また展示してもらいましょうね。




              [ワークショップ]*会場 職員室

              ■羽鳥喜代志
              「デザインクリップを使ったお絵描きのワークショップ」

              twitter@kiyhat



              小さいお子さんは、最初に配置した状態を、色を塗っているうちに忘れてしまうこともありました。
              また、途中で疲れてしまって集中力が切れてしまう子も多かったです。
              でも、楽しめてもらえたようで、うれしかったです。
              大人の方は、無心になって作れて楽しかったと言っていました。
              ご参加ありがとうございました。

              羽鳥喜代司


               
              ■川窪万年筆
              「ワンコインクリニック」と「天年筆作成ワークショップ」

              twitter: @kawakubo_fp
              facebook: katsumi kawakubo
              http://kawakubofp.com



              ワンコインクリニックも、天年筆ワークショップも終日お客様がいらして
              大忙しの一日でした。

              ご年配の女性の方が
              「川窪さん!?千石に伺おうと思ってたのよ。
               万年筆を見ていただきたくて!」
              と驚いていらっしゃいました。

              川窪さんが出展していることを知らずに、万年筆を持参していなかったので
              「11月に来ます」と言って帰って行かれました。

              天年筆ワークショップの皆さんも
              嬉しそうに自作のペンを持ち帰っていましたよ。



               
              ■&B
              手縫いの革文具ワークショップ
              「今年はえらべる手帳バイキング〜「トモエトリプル」見参!」

              twitter@acura_rossi
              http://www.iichi.com/people/and-b_bungu
              facebook:本田あきら



              みなさんほんとにスムーズでした。
              ありがとうございました!
              と&Bさん

              去年に引き続き、来年に向けて手帳の革文具ワークショップを
              行いました。

              お散歩気分で来たイベントで
              革の手縫の手帳が作れるって
              ステキですよね。

              参加した皆さんも超笑顔でステキです。

               
              ■ジブング研究所
              「紙まき鉛筆」ワークショップ

              twitter: @toru50



              毎度おなじみ紙まき鉛筆ですが、
              ブングテンに初めてきた親子で、
              お母さんが会場の学校の出身者という方がいて驚きました。

              ジブング研究所




              [ブングテンSHOP ブング店]

              <出店>
              川窪万年筆
              螢窓舎 twitter: @keisosha、http://keisosha.com






              ブング店は、お天気が良すぎて
              熱いくらいでした。
              オープン前から、シャーペンファンを中心に
              お店の前は人だかり。

              そういう意味でも「アツイ」一日でしたね。


              ご報告は以上です。

              ご来場いただいた皆様、
              ツイッターやFACEBOOKなどで応援してくださったみなさま。

              ありがとうございました。

              次回は11/15(日)
              今年最後のブングテンになります。

              是非、遊びに来て下さいね。



              ブングテン19 開催模様のご報告

              0
                【ブングテン19 開催模様のご報告】


                5/17(日)ブングテン19を開催いたしました。



                5月とは思えない暑い1日、
                沢山の方にご来場いただいたブングテン19の
                開催模様をご報告いたします。


                [ワークショップ]

                ■栗原まもる
                「マンガ効果線を書いてみよう!フラッシュバック 〜集中線・再び〜」





                twitter@kurimamo
                http://ameblo.jp/kurimamo

                小学生男子達が超可愛かった!
                大人の人も楽しそうで良かったです♪
                ありがとうございました〜。
                (ツイッターより転載)





                ■トラベラーズノートはりはり会
                「トラベラーズノートはりはり会 ♪」




                https://www.facebook.com/hariharikai

                ブングテン19にお越しくださった皆様、
                ありがとうございました。

                様々な方々が来て頂き足を止めて頂き、はりはり談義。

                気がついたら量販店さんからワークショップのご相談やら
                2年ぶりの旧友が訪ねてくれたり、
                夫婦での思い出の残した方を覚えましたと話してくださった若いご夫婦や、
                60代のカメラ好きな方と色々な為になるお話。

                また香港帰りや香川帰りな方々も駆けつけてくださり、
                ほんとに有意義なイベントでした(^^) 
                (FACEBOOKより転載)




                ■&B
                「手縫いの革文具 [&B]立つ!ロールペンケース=「タツロー」をつくろう♪」




                twitter:@acura_rossi
                http://www.iichi.com/people/and-b_bungu

                本日のロールペンケースWS、無事予定数完売しました!
                ご参加やSNSシェア下さった皆様、ありがとうございました(^^)

                小中学生の参加も初めて大人と同数に達し、
                みな完成まで至って達成感ありました☆
                次回9月もぜひ!
                (ツイッターより転載)



                ■juun
                「ハサミコメル栞づくり」




                twitter: @juunchan

                ブングテンの楽しいところは、ワークショップできるのは無論なんだけど
                ・・・新たなよき出会いがあったり、思わぬ再会があったりすること。

                そして、顔見知りの方が立ち寄ってくれて・・・ホントにありがたいです。

                心から感謝。
                (ツイッターより転載)




                ■ブンボークA(エース) 他故壁氏
                「中島重久堂TSUNAGOで鉛筆を繋ごう」




                twitter: @takokabeuji
                http://powertac.blog.shinobi.jp/

                楽しい時間はあっという間に去るものです。
                ブングテン19、お越し頂きました皆様には心から感謝致します。

                中島重久堂の「TSUNAGO」体験をしていただいた方は、
                11時から16時までの間に15名。
                皆様、作業に苦労され、手を真っ黒にしながらも、
                完成したときには一様に満足の笑みを浮かべられてました。

                「TSUNAGO」じたいは、工具だと思っています。
                必ずしも「便利な最新文房具」ではありません。
                短くなって使いづらくなった鉛筆がもったいない、という発想から生まれた製品ですが、
                その鉛筆の製品寿命を全うさせるための選択肢のひとつとして
                「TSUNAGO」の存在は貴重だと思っています。

                ただ、惜しむらくは、まだ「万人が便利と感じる道具」にまでは
                昇華されていないんですよね。

                今回、「TSUNAGO」と体験していただいた皆様にお伝えしたいことがあります。
                「TSUNAGO」はまだ始まったばかりにジャンルの製品です。
                弱点はたくさんあります。

                でも、それでも、「短かった鉛筆が1本に繋がって長くなった」ときの喜びを
                忘れないで欲しいのです。
                もう一度、その鉛筆を使ってみようと思った、その気持ちを。

                などと、雑司ヶ谷のさくさくメロンパン食べながら考えました。
                次回、また何か別のネタでお目にかかりましょう!
                (ブログより転載)



                ■isu
                「筆記具改造講座19&『シャーペン同好会』」




                twitter: @uncomf_chair、@mpdokokai
                http://blog.livedoor.jp/uc2/

                シャーペンファンが集まったシャーペン同好会。
                レアなシャーペンや自慢の逸品を前に
                なかなかの盛り上がりだったようです。

                ブングテンのファン層が広がったかもしれません。

                もしかしたら次のブングテンまでに
                オフ会が開催されちゃうかも!

                次回開催まで、自慢のシャーペンを用意して
                待っていてくださいね。



                ■羽鳥喜代志
                「デザインクリップを使ったお絵描きのワークショップ」




                twitter@kiyhat

                たくさんグリップがある中を悩んで選んでもらいました。
                素敵な作品を作ってもらって良かったです。




                ■川窪万年筆
                「ワンコインクリニック」と「“天年筆”作成ワークショップ」




                twitter: @kawakubo_fp
                facebook: katsumi kawakubo
                http://kawakubofp.com


                おなじみのワンコインクリニックと天年筆ワークショップ。

                竹やワラビを選んで、オリジナルのペン作り。
                予想以上にしっかりしたものができるので、
                完成したもので試し書きをすると、
                皆さんとても嬉しそうな表情に。

                ブングテンならではのお得なワンコインクリニックで
                今回も愛用のペンが生き返りました。

                少し書きづらくなって放置されているペンがあったら
                是非次回のブングテンに持ってきてくださいね。




                ■ジブング研究所
                「本文だけノートワークショップ」




                twitter: @toru50

                「本文だけノート」という表紙の無い未完成なノートに、
                好きな表紙の紙を選び、シルクスクリーン印刷をして
                オリジナルのノートを作るというワークショップをやりました。

                独学のシルクスクリーン印刷なので色々と不備もあったと思いますが、
                世界に一つだけのノートを作ってもらえました。
                でも次回はもっと精度を上げたいです…。


                ■古書カフェ くしゃまんべ
                「ペーパージャンボフラワー製作のワークショップ」




                Twitter:@KMB_oji
                http://ryodan.com/kmb

                ペーパージャンボフラワー製作、ちいさなお友達にも、



                大きなお友達にも



                みちくさ市のスタッフの皆さんにも
                予想を超えるご好評をいただき、
                またやってとの声を沢山頂戴しました!

                感謝!!


                [展示]

                ■宇田川一美
                「封筒のパターン展」




                twitter: @udagawa_kazumi
                http://www.udagawa-file.com/

                壁にピンで留めた窓付き封筒の開き、80枚をみて頂きました。
                声をかけて下さる方がたくさんいらっしゃって、感激しました!

                封筒を作る機械の会社の方からお話をうかがえたり、
                文具メーカーの方、ひとりメーカーの方、
                お店の方やイラストレーターさん、デザイナーさん、
                紙もの、お手紙好きな方、もちろん文房具好きな方々・・・。



                いままで、ワークショップでの参加が主だったのですが、
                こうして展示を前に、ご説明もでき、共感しあえるライブ感、
                とても楽しかったですー。
                思い出しては、余韻にひたっています。

                ブングテンというたった1日だけの限られた時間、
                貴重な休日に、この場所に足を運んでいただき、
                本当にありがとうございました。





                ■藤川研究室
                「ゼブラのペン先」 




                Twitter:@hiragien 
                 http://pensaki.cocolog-nifty.com/blog/

                ゼブラだけでこんなに種類があるんだと
                そしてそれを持っていることに驚きました。

                ペン先のサンプルシートや
                レトロなデザインがとても素敵なペン先たち。

                藤川研究所のいいところは
                見た目だけではなく
                使った場合の特徴も
                しっかり押さえているところ。

                ライオン、ゼブラと素敵なコレクションを
                見せてくれましたが
                次は何が出てくるのでしょう

                楽しみですね!




                ■マグスター
                「にっぽんマグ列島」




                twitter: @magster
                http://magster.net

                旅行や出張のおみやげでいただいた国内のご当地マグネットを
                各地方の白地図にならべる「にっぽんマグ列島」で参加しました。

                今回の展示では地方によってマグネットの点数に偏りがあり、
                余白が目立つご当地出身のお客様のさびしそうなお顔を見て、
                もっと準備ができたはず!と後悔しきりです。

                マグネットコレクションの中からより柔軟に
                ご当地モチーフをセレクトできるように知識を深め、
                「にっぽんマグ列島(再)」でリベンジしたいとおもいます。
                そのときにはぜひまたおつきあいください!

                ご来場くださいましたみなさま、
                SNSで応援してくださいましたみなさま、
                ありがとうございました。

                マグスター



                ■INOUE
                「製図用太芯シャープ」




                Twitter:@everfutoshin

                シャーペン同好会隣接の展示で
                シャーペンファンたちの反応はどうだったでしょうか。

                色々な切り口で太芯の啓蒙を続けるINOUEさん

                毎回味のある試し書きが残っている試し書き帳も
                かなりページが進みました。

                若いシャーペンファンの中から
                太芯ファンが増えるといいですね。




                ■ものぐさ博物館 館長
                「オートマチックシャープペンシルの展示と一部試し書き」




                twitter: @monogusa3579
                http://blog.goo.ne.jp/monogusa-hakubutsukan

                レアな廃番品ときれいな写真のブログで
                シャーペンファンに人気の館長。

                こちらもシャーペン同好会に隣接レイアウトで
                シャーペンファンに楽しんでいただけたでしょうか。




                ■たいみち
                「セルロイド文具」




                twitter: @tai_michi
                http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi


                セルロイドの透明感をうまく表現したいと
                アクリル板を使って二層式展示を試みました。

                結果、若干見づらかった気もしますが
                そこはご愛嬌。

                少しづつ集まったセルロイドの文具を
                展示することができて良かったです。


                皆さんに見ていただけた、、と思って
                引き続きセルロイド文具集めます!




                [ブングテンSHOP ブング店]



                ■木木屋
                twitter: @kikiyastamp、http://kikiyapon.exblog.jp/

                ブングテン19にご来場ありがとうございました!
                初めてのshopの方で参加でしたが、
                お日様から逃げて!逃げて!でした。

                見に来てくださった方々も暑かったですよね。
                本当にありがとうございました!
                (ツイッターより転載)

                ■螢窓舎
                twitter: @keisosha、http://keisosha.com

                オープンからシャーペンファンの方々が熱心に筆記具を見つめる
                熱いスタートとなりました。
                探していた筆記具と出会えた方もいらしたようです。
                暑い一日でしたがご来店いただいた皆様
                ありがとございました!






                ご報告は以上です。

                今回のブングテンを見ていて、
                また出展者の感想を聞いて
                出会いと再会、
                色々な方がやってきて
                出展者もお客様も大人も子供も楽しんでいただける
                イベントなのかなぁと
                嬉しく思いました。


                おちびさんたちが、
                よちよちと会場を歩き回っている姿が
                何ともかわいらしく。
                彼らの年齢を加えると、ブングテン平均年齢が若返るでしょうか(笑)




                次回ブングテンは、9月20日(日)、
                第20回目の開催となります。

                是非遊びに来て下さいね!


                 

                ブングテン18 開催模様のご報告

                0

                  【ブングテン18 開催模様のご報告】
                  3月15日(日)、意外と肌寒く、時折小雨がぱらつく中
                  ブングテン18が開催されました。
                  当日の模様をご報告いたします。




                  [ワークショップ]
                  ■juun
                  「ハサミコメル栞づくり」
                  twitter: @juunchan



                  今回初参戦のjuunさん。
                  カンタンに作れて便利でかわいい!という
                  誰でも楽しめるワークショップを持ってきてくれました。



                  山盛りのマスキングテープが並んでいるだけで
                  会場が明るくなりますね。


                  初参戦の感想は「あっという間」だったそうです。


                  お客様に元気に話しかける声が
                  マスキングテープ以上に
                  会場を明るくしてくれました。




                  ■ブンボークA(エース) 他故壁氏
                  他故式対面対話システム 「短くなった鉛筆を使ってみませんか?」
                  twitter: @takokabeuji
                  http://powertac.blog.shinobi.jp/



                  毎回ワークショップなのか、違うのか悩ましいのですが
                  ご自身で回答を出してくれました。
                  「他故式対面対話システム」

                  はい。OKです、それで行きましょう。


                  いつも「コレクターではないので、皆様にお見せするものはないんです」
                  と言いますが、
                  話すことはたくさん持っていて、それがいいんです。



                  今回も、時間を忘れてお話しし続け、
                  他故さんもお客様も楽しめたようです。



                  鉛筆を使う、ましてや補助軸を使ってまで
                  鉛筆を使う。
                  で、それをネタに対話をする。

                  やっぱり他故さんならではのプログラムです。





                  ■きたきつねの文具館
                  「テープ剥がし講座」
                  twitter: @dr_northfox
                  http://northfox.cocolog-nifty.com/stationery/



                  「だまされたと思ってやってみると
                  簡単にはがれでびっくりするよ!」
                  そんなふうにご紹介できるテープ剥がしワークショップ。


                  今回もテープ剥がしファンができたようです。


                  残念ながらこのワークショップは今回で最後とのことなので
                  次回以降は新しい「びっくり」ネタに会えるかもしれませんね。



                  ■isu
                  「筆記具改造講座18」
                  twitter: @uncomf_chair
                  http://blog.livedoor.jp/uc2/

                  ブングテンとともに第18回目の改造講座は
                  今回も事前予約でほぼ満席。

                  リピータと初挑戦の方と
                  どちらの参加者もいるのがいいですね。



                  改造はやすりでゴリゴリ削ったり、
                  一見男性的なイメージですが、
                  女子ファンも定着していて、
                  用意されているものも、意外とかわいいカラフルなものが。




                  難しいところはisu先生がちゃんと手伝ってくれるので
                  ちゃんと完成しますよ。





                  ■羽鳥喜代志

                  「型板(テンプレート)を作ってみよう」

                  twitter@kiyhat


                  厚紙で、テンプレートをつくるという
                  ありそうでなかった新ネタで登場。

                  年賀状など大量に作成するが、
                  印刷ではなく手書きで絵を描きたい

                  そんな時に使えるアイデアですね!

                  羽鳥さんからの報告は、
                  「今回初めてのワークショップなので、
                  説明も掲示も足りませんでしたが、
                  いつも来てくださってるお客様が、
                  とても丁寧に作っていらっしゃいました。」

                  とのこと。

                  いつも来て下さるお客様、
                  有難いですね。





                  ■川窪万年筆
                  ワンコインクリニック+「羽ペン作成教室」
                  twitter: @kawakubo_fp
                  facebook: katsumi kawakubo
                  http://kawakubofp.com



                  恒例のワンコインクリニックに加え
                  新たなワークショップメニューは「羽ペン作成教室」

                  ハリーポッター以降、羽ペンが来てるのでは?
                  ということで、初開催です。

                  羽ペンを持っていると、
                  それだけで魔法の国や中世に近づけた気がします。

                  そして今回は、ペンと一緒にペン立ても作成。

                  川窪さんは
                  「お客様はセンスがいいなぁ」とつぶやいていましたよ。



                  ■Kuff Luff
                  20分で作る「My Notebook」
                  twitter @kuffluff
                  http://kuffluff.com/



                  クフラフさんのワークショップの魅力は
                  クフラフさんデザインの紙や図案が使えること。

                  今回もすてきなデザインペーパーで、小さいノートが
                  作れるワークショップでした。



                  紙を選んで、糸で綴じて、
                  すてきなノートが出来上がり。

                  作ったノートは是非使ってみてくださいね!





                  ■ジブング研究所
                  「動物鉛筆ワークショップ」
                  twitter: @toru50



                  今回は、動物模様の紙を使った紙まき鉛筆と、
                  いつもの虹色鉛筆でした。

                  動物模様は、自分でシルクスクリーンで印刷したものですが、
                  独学でいいかげんな印刷なので、
                  まず何の動物か気がついてもらえるか心配でしたが、
                  皆さんに聞いたところ大丈夫そうで安心しました。

                  ちなみに圧倒的にキリンさんが人気で、
                  理由は謎ですが、
                  もしかしたらモデルの動物の中で、
                  細長いイメージが鉛筆の形とあっていたのかもしれません。

                  ゾウさん模様が作れるなら
                  勝負させてみたかったです。
                  (どんな模様作ったらいいんだ)

                  ジブング研究所



                  ■ヨシムラマリ
                  「文具スケッチ講座」
                  twitter:@coromegane
                  絵日記ブログ:http://coromegane.tumblr.com
                  描き方ブログ:http://howtoilustlog.blogspot.com



                  絵日記ブログが人気のヨシムラさん。
                  初のスケッチ講座は早々に予約で満席。

                  1時間の流れを作り込んで、
                  受講者としっかり向き合う講座を実施。



                  ストレッチから始まり
                  「自分の目でプロジェクションマッピングを…」
                  と独自の視点で充実の講座だったようです。



                  初講座の感想は
                  「自分の休憩時間を入れるのを忘れたのが反省点」
                  だそうです。

                  第二回目もあるといいですね。




                  [展示]

                  ■マグスター
                  「マグネットなカンペンコレクション2」
                  twitter: @magster
                  http://magster.net


                  今回は『マグネットなカンペンケースコレクション』をテーマに、
                  文具店や雑貨屋で売られているおもしろ柄のカンペンケースの中とフタの上に、
                  柄に合わせたマグネットをディスプレイしました。

                  歓声を上げながらカンペンケースのフタを開けたり閉めたり、
                  スマホや携帯のカメラでひとつずつ撮影してくださるお客様を見ると、
                  「この日ために、マグネット(とカンペンケース)をあつめつづけた甲斐があった!」
                  と満足感でいっぱいになりました。
                  展示に足を止めてくださったみなさま、ありがとうございました。

                  マグスター






                  ■kana
                  「船型とバイク型削りの展示とプレゼントコ−ナー」
                  http://blogs.yahoo.co.jp/kana883950



                  果てしなく繰り出される色々な形の鉛筆削り。

                  今回は船とバイクでした。


                  鉛筆削りである必要はなくて
                  鉛筆削りも船の形をしている必要はないけれど
                  この形の鉛筆削りだからいいんです。


                  プレゼントコーナーの鉛筆削りを手に嬉しそうな
                  ちいさな男の子
                  それを見守るkanaさんのやさしい笑顔は、
                  いつみてもいいものですね。





                  ■INOUE
                  「そっくり太芯シャープ」
                  Twitter:@everfutoshin



                  よく見ないとわからないのですが、
                  ちゃんと見ると、確かにそっくり。

                  何でこんなに似てるんでしょうね、違うメーカーなのに。

                  詳しいことはわからなくても、こんなに似ているものがあると知っていると
                  ちょっとした秘密をつかんだ気がします。


                  そんな小さな秘密がいろいろあるところが
                  シャープペンシルや芯ホルダーの魅力だったりします。




                  ■ものぐさ博物館 館長
                  「どの消しゴムが好み?」
                  twitter: @monogusa3579
                  http://blog.goo.ne.jp/monogusa-hakubutsukan



                  書き比べはこれまでもいろいろありましたが
                  消しゴム消し比べはなかったですね、そういえば。


                  現行品から少し古い廃番品など
                  多数の消しゴムを並べて、
                  消し比べ

                  「何をよく使ってましたか?」
                  「それとこれを比べてみてください」と、
                  館長おすすめの消しゴムを体験。



                  ほほぉ、確かによく消えます。
                  結構違いがワカルモノですね。

                  なかなか貴重な体験ができるコーナーでした。





                  ■たいみち
                  「ステッドラーいろいろ」
                  twitter: @tai_michi
                  http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi



                  ステッドラーの古い鉛筆から芯ホルダーなど製図用具、
                  クレヨンなど幅広く展示。

                  小さいところが美しいステッドラーの製品の紹介は
                  写真と現物を展示しました。



                  横から見たら、展示しているキャビネットの中に
                  お客様が頭を突っ込んでいるのはなぜだろうと思ったのですが
                  展示しているの物が小さいからですね。

                  見づらくて失礼しました。
                  しっかり見ていただいてありがとうございます!




                  [ブングテンSHOP ブング店]

                  今回は、川窪万年筆さんと螢窓舎さんの販売でした。
                  時々小雨がぱらつく不安定な天気でしたが
                  沢山のお客様に立ち寄っていただきました。




                  ブングテン18のご報告は以上です。

                  そうそう、それから今回、受付を作って初めての方に簡単にご案内するというのを
                  やってみました。


                  [花粉と戦う案内嬢 木木屋さん]

                  ブングテン、次回は19回目になりますが
                  お客様も出展者も
                  より楽しめるように、工夫をしていきたいなと思います。



                  次回は5月17日です。
                  今後ともよろしくお願い致します。







                   

                  ブングテン17 開催模様のご報告

                  0
                    【ブングテン17 開催模様のご報告】

                    もう2週間たってしまいましたが、11月16日、気持ちの良い秋の一日に
                    ブングテン17を開催いたしました。

                    いつものように展示とワークショップ、
                    そして今回はOKB48 選抜総選挙の握手会もあり、
                    沢山の方にお越しいただきました。




                    ブングテン17の開催状況をご報告いたします。

                    [展示]*会場:職員室
                    ■マグスター
                    「マグネット博物館 大おしりマグ展」

                    twitter: @magster
                    http://magster.net



                    メロン熊やリラックマ、そしてハムスター
                    かわいいおしりたちがゆれたりまわったり…
                    うごきのある展示に挑戦してみました。

                    「見て見て〜おしり〜!」とたのしそうにマグネットをつつくお客様を拝見して、
                    おしりマグネット時代の到来を実感しました。
                    今回の展示のおおきな収穫です。

                    ご来場くださいましたみなさま、ありがとうございました!

                    マグスター





                    ■kana
                    「ショップ・オフィス用品型鉛筆削りの展示とプレゼントコ−ナー」

                    http://blogs.yahoo.co.jp/kana883950



                    「オフィス用品」と聞いたとき、何が出てくるか想像できなかったのですが
                    見て納得!あるある、オフィスに。
                    事務用品や什器はもちろんのこと、
                    コーヒーもガムも絶対誰かが持ってるし、ビールは●●会乾杯の必需品。

                    毎回思いますが、ほんと何でもありますね、鉛筆削りって。


                    人気のプレゼントコーナーももちろん設置。
                    沢山の方に連れて帰ってもらえたようです。

                    次は何が出てくるか、毎回楽しみです。


                    ■ものぐさ博物館 館長
                    「ちょっと良いシャープペンシル」

                    twitter: @monogusa3579
                    http://blog.goo.ne.jp/monogusa-hakubutsukan




                    ちょっと良い、ってよくわかります。
                    100円シャープペンシルではなく、確かに「ちょっと」高級感があるんですよね。

                    100円と「ちょっと」の違いはどこなのか。
                    微妙な違いがワカル館長ならではの
                    コレクションですね。


                    ■INOUE
                    「ドイツの太芯シャープ」

                    Twitter:@everfutoshin


                    意外と知られていない0.5超の太芯シャープペンシルですが、
                    ドイツの各社からも出されています。

                    子供が使ってもおれないように芯を太くしているものもあり、
                    LAMYの木軸のものなどは
                    かわいらしくて、自分で使ってみたくなるデザインです。



                    「ロットリングの製品はトレードマークの赤丸が入っているんだよ。」
                    とinoueさん。
                    写真右から3番目のシャープペンシルは、一見赤丸が見当たりませんがちゃんとついてるんです。
                    「ココにほら」とついている場所を教えてもらって、ちょっと詳しくなった気分です。





                    ■たいみち
                    「レトロクレヨン展」

                    twitter: @tai_michi
                    http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi



                    レトロクレヨンを「少年・少女」「エラそう、強そうなクレヨン」「クレヨンはサクラが大事」など
                    6つのテーマに分けて展示しました。

                    クレヨンはメジャーなサクラやぺんてるのクレヨンより、
                    無名なメーカーの物の方がパッケージが面白いのですが、
                    無名メーカーだけに情報が少なく殆ど時代特定ができません。

                    そのため、今回は殆ど説明なしで並べただけの展示になりました。




                    クレヨンは、見た目が華やかなのでお客様の目を引いたようで
                    沢山の方に見ていただけたようです。

                    ご覧いただいた皆様、ありがとうございました。
                    来年も楽しいレトロ文具を展示しますので、よろしくお願い致します。

                       たいみち







                    [ワークショップ]

                    ■納富廉邦
                    「140文字で書く文房具レビュー講座」

                    twitter:@notomi
                    FaceBook:https://www.facebook.com/notomi?fref=nf
                    http://allabout.co.jp/gm/gp/745/



                    初参加の納富さんは、プロのライターならではの
                    「書き方講座」
                    「一本書いて行きませんか?」とお客さんを呼び込んでいたそうです。




                    この講座用?と思ってしまうような上半分は空白、下半分が原稿用紙になっているフォーマットを使い
                    身振り手振り交えて熱心に講義。





                    原稿という初ネタワークショップはどうなることかと、興味津々。
                    ふたを開けてみると、受講者からは大変好評だったそうです。

                    ブングテンも回を重ねるごとに
                    いろいろな内容のワークショップが出て来て
                    楽しいですね。


                    ■きたきつねの文具館
                    「テープ剥がし講座」

                    twitter: @dr_northfox
                    http://northfox.cocolog-nifty.com/stationery/



                    だまされたと思ってやってみるとあら不思議!
                    シールがするっとはがれる快感に、みなさん大喜びです。

                    「女性の場合は力が弱いから・・・」など、お客様に合わせて
                    傾向と対策盛り込んで、剥がし方を説明するきたきつねさん。

                    すっかりブングテンの定番ワークショップになりました。

                    ■羽鳥喜代志
                    「定規・分度器を作ろう」

                    twitter@kiyhat




                    ご夫婦でブングテンに来られて、奥様がお土産を兼ねて、
                    最終的に定規と分度器合わせて3個作っていかれました。

                    お話したところ、
                    ずっとブングテンに来たくて、やっと来ることができた。子供たちを誘ったけど予定があって
                    二人で来たとおっしゃっていました。

                    他のワークショップにも参加されて、楽しんでいらっしゃったようです。

                    羽鳥喜代司




                    ■川窪万年筆
                    「ワンコインクリニック」「天年筆」作成ワークショップ

                    twitter: @kawakubo_fp
                    facebook: katsumi kawakubo
                    http://kawakubofp.com



                    おなじみの天年筆のワークショップは、まず素材を選ぶところから。
                    キャップもしっかり締まるものを選びます。

                    細かいところは、川窪さんのチェックとフォローで無事完成。

                    天然素材のペンは、ユニークで温かみがありますね。
                    ご参加いただいた方が使い込んでくださると、さらに味がある筆記具になることでしょう。



                    ■&B
                    「手縫いの革文具『ペンがま』をつくろう!」

                    twitter@acura_rossi
                    http://www.iichi.com/people/and-b_bungu



                    がまぐち型のペンケースのワークショップ。
                    &Bさんのワークショップは、本物の皮を使って
                    コツコツ塗って、しっかりしたものが出来上がります。

                    今回も盛況で、終始満席状態。
                    縫い方の指導や、道具の使い方の説明で&Bさん大忙し、
                    お嬢さんもサポート役で活躍していました。


                    ■isu
                    「筆記具改造講座17」

                    twitter: @uncomf_chair
                    http://blog.livedoor.jp/uc2/



                    前回のブングテンで、テレビの取材を受けた改造講座。
                    今回もミニ文具にオリジナル芯ホルダーといった改造を楽しんでいただけたようです。

                    今まであまり参加がなかったタイプの主婦の方から「やってみたい」というお申し出も。
                    きっとテレビ効果ですね!


                    ■ジブング研究所
                    「はぐれ鉛筆紙まき派」

                    twitter: @toru50



                    最初に紙巻鉛筆のワークショップを行ったとき、
                    お子さんは力が弱いので、しっかり巻いてくっつけられるように
                    教えるのが課題、とジブングさんは言っていました。

                    今ではお子様でもちゃんと楽しく鉛筆が作れます。
                    ノリをぺたぺた貼って、巻いて巻いて〜
                    ・・・こう書くと海苔巻作ってるみたい(笑)

                    紙でできた鉛筆は、色がきれいて、手触りや硬さが素朴な感じです。
                    学校で、友達に見せたりしてくれてたら嬉しいです。



                    ■木木屋
                    「紙版画で年賀状を作ろう!」

                    twitter: @kikiyastamp
                    http://kikiyapon.exblog.jp/


                    前々回のブングテンで突発的に始まった木木屋さんの「紙版画」
                    これ、簡単でいいんです。

                    厚紙にボールペンで絵を描いて
                    スタンプでインクを付けて紙を置いてこするだけ。

                    ほら出来た!

                    というわけで、年賀状のむけて小さなお子様から
                    ご年配のおばあ様までフラッときて
                    パッと座って楽しめるワークショップです。

                    そして木木屋さんもよくおまけを用意してくれるのですが、
                    今回の「おまけ」は、「明日の天気占い」と
                    筆ペン試し書き。

                    下駄のスタンプを押して表カウラか
                    ついでに筆ペンも試して行ってください

                    という、誰でも気軽に楽しめるワークショップでした。




                    ■ブンボーグA(エース)他故壁氏
                    「裏OKB48!? 神戸派計画vs直液式水性ボールペン軍団」

                    twitter: @takokabeuji
                    http://powertac.blog.shinobi.jp/



                    ランチルームで開催の「OKB48握手会」(48種類のボールペンの試し書き)に対抗して(?)行われた
                    裏OKB。
                    水性ボールペンを山盛り用意しての特別握手会です。
                    大根ペンケース3個にセットされた水性式ボールペンに
                    神戸派計画のノートをセットし、参加者には鉛筆キャンディのおまけつきと
                    抜かりはありません。

                    17名のお客様がいらして下さったそうです。
                    全部試し書きするのは時間がかかるので、
                    ずっとブースは埋まりっぱなしだったと思われます。

                    気にになる投票結果は他故さんのブログをご参照ください!
                    http://powertac.blog.shinobi.jp/Entry/1674/

                    このような、今ある文房具を改めて使ってみるだけの企画は、
                    ありそうであまり無くて、やってみると簡単に楽しめるので、いいですね!

                    [イベント] 会場:ランチルーム

                    第4回「OKB48選抜総選挙」握手会
                    http://okb48.net/

                    貼り紙に従って廊下を進むと。。。


                    扉の向こうに宇宙が見えるそうです。



                    この方が宇宙でしょうか(笑)

                    一番手前のテーブルには、メンバーの説明とメンバーの配置が置かれてました。



                    スタート直後はまばらでしたが、すぐに一杯に。
                    握手会は各所でおこなれていますが、
                    会場の広さと、ゆっくり座ってできるという握手環境の良さは
                    ブングテンはトップクラスの快適さ。



                    天気の良いグランドが窓から見渡せ(握手に夢中であまり見ている方はいませんでしたが)
                    BGMの中、続々と票が集まりました。



                    選挙管理委員も、投票内容のチェックの余念がありません。


                    ユニークな試し書きもありましたよ!
                    時間とスペースと座れる環境あってこそでしょうか。

                    OKB握手会、今回の投票数は180件と
                    昨年度の120件を大幅に上回りました。
                    ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。

                    なお、OKB握手会は本日11/30が最終日になります。
                    結果は雑誌やサイトで発表予定ですので、楽しみにしてくださいね。

                    [ブングテンSHOP ブング店]







                    ブング店もたくさんの方にお越しいただきました。
                    前回のテレビ放映の影響でしょうか。
                    中高年の主婦の方が、お友達と連れ立っていらしている姿が
                    目立ちました。

                    楽しそうに、「あらこれ持ってたわ」
                    「おもしろいわね、何に使うの?」なんておしゃべりしながら
                    商品を手に取ってくださいました。




                    ブングテン17のご報告は以上となります。

                    次回は来年3月となりますが、
                    来年の日程は、改めてこちらのブログでご案内いたします。

                    今年一年ありがとうございました。
                    来年も引き続きよろしくお願い致します。

                    ブングテン16 開催模様のご報告 2 〜展示・ブング店編〜

                    0
                      JUGEMテーマ:文房具・ステーショナリー
                      【ブングテン16 開催模様のご報告 2】 〜展示・ブング店編〜

                      ブングテン16のご報告のその2です。

                      [展示]*会場:職員室


                      ■イロブン きだてたく
                      「All About American Wacky Pens」〜アメリカの馬鹿なペン〜

                      twitter: @tech_k
                      http://irobun.com



                      この写真の楽しそうな物、全部ボールペンです。

                      見せるだけで「スゴーイ!」と賞賛?されること間違いなし。
                      というか、ウケることだけを考えて作られたというのが
                      正しいのかもしれません。



                      (ヨーヨーボールペンをダンディに操るきだてさん)



                      きだてさんときだてさんのコレクションの存在を
                      初めて知った方が
                      「何ですか、あのお兄さんは!?」と大興奮だったのが印象的でした。

                      あのコレクションを見ると、
                      自分も何か探し出して「ほら!」と見せびらかしたくなるんですよね。

                      イロブン・駄文具の伝染力、侮れません!


                      ■マグスター
                      「記念日マグネット展 mini」

                      twitter: @magster
                      http://magster.net



                      一年ぶりの参加となりましたブングテン16、
                      いままでの黒板から職員室うしろの壁へ移動して
                      「記念日」をテーマにしたマグネットコレクションを展示しました。



                      展示に足を止めてくださったお客さまとお話したり
                      抜け出してワークショップに参加したり、
                      わたし自身とてもたのしい一日を過ごしました。

                      ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました!

                        マグスター




                       
                       ■kana
                      「建物型鉛筆削りの展示とプレゼントコーナー」

                      http://blogs.yahoo.co.jp/kana883950



                      今回の鉛筆削りは「建物」。
                      バリエーションもさることながら、
                      鉛筆削りとしての主役「削る部分」より、
                      それ以外の装飾、というか建物部分が大きいことが特徴です。



                      殆ど「置物」ですね、これ。
                      でもやっぱり「鉛筆削り」であるところがいいんです。



                      次は何か出てくるか、今から楽しみです。

                      ■きたきつねの文具館
                      「ステープラーの針をはずす」

                      twitter: @dr_northfox
                      http://northfox.cocolog-nifty.com/stationery/



                      きたきつねは、「ステープラーの針をはずす」ということで
                      文房具としてはニッチな色々なステープラーのリムーバーをを展示して、
                      針外しの実演をしてみた。



                      これくらい多様なリムーバーを展示したことはないだろう。
                      リムーバーを知らない人もいて楽しんでもらえたようだ。
                      展示内容は、別途きたきつねの文房具日記の中で紹介しようと思う。
                          きたきつね




                      ■ものぐさ博物館 館長
                      「回転繰り出し式シャープペンシルいろいろ」

                      twitter: @monogusa3579
                      http://blog.goo.ne.jp/monogusa-hakubutsukan



                      繰出し式シャープペンシルとは、ノックするのではなく、軸や先端を回転させることで
                      芯を出すタイプのシャープペンシル。

                      今でもありますが、主流だったのは一昔前、という感じでしょうか。

                      シャープペンシルの特徴である「ノックする部分」がないので、
                      パッと見た感じではボールペンと区別が付きにくい形態です。



                      また、芯も太かったり、右に回すと赤、左に回すと青などの二色タイプもあったりと
                      今のシャープペンシルとはひと味違う筆記具です。

                      見た目の派手さはないけれど、
                      レトロで、どちらかというと野暮ったいデザインも
                      還ってほっとするところがあります。

                      そんな繰り出し式ペンシルとその芯の展示。
                      一見違いが判らないマニアックさが館長らしさ。
                      好きな人には見ごたえのある品揃えでした。

                      そして、今回館長の展示の中で、
                      一番注目を浴びたのは、繰り出し式シャープペンシルではなく、
                      こちら。



                      文房具屋さんに眠っていた鉛筆削りの修理箱。
                      お客様よりもブングテン出展メンバーに大人気。
                      開場前の準備時間に、大いに盛り上がっておりました。(笑)

                      こんなものが見られるのも
                      ブングテンならではですね。

                       
                      ■藤川研究室
                      「ライオンのペン先」 

                      Twitter:@hiragien 
                       http://pensaki.cocolog-nifty.com/blog/



                      ブングテンでペン先と言えば、藤川研究室さん。
                      久しぶりに登場してくださいました。

                      テーマが「ライオン事務機のペン先」と聞いて、
                      ライオンだけでそんなにあるの?と心配しましたが、
                      あるんですよ、それが。



                      箱を見ると同じように見えますが、一つ一つ中身は違います。
                      会場では試し書きでお客様にペン先の違いを体験していただいていました。

                      「閲覧資料にと持参したライオン事務器の200周年記念誌を
                       何人ものかたが、楽しそうに眺めていかれました。

                      ライオンペンにとどまらず、ペン先や文房具の流通・普及について
                      どれほど福井商店(商事)が大きな役割を果たしていたか、
                      少しでも想いを馳せていただけたなら、とても嬉しいです。」(藤川研究室)



                      こんなサービス券も展示されていましたよ。

                      ■たいみち
                      「Made in Japan」

                      twitter: @tai_michi
                      http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi



                      主に昭和40年頃に輸出されていた文具の展示です。
                      海外のオークションで入手した「里帰り」品。
                      チープで、機能より形の面白さがメインになっている商品は、
                      今、アジアから日本になだれ込んでいる商品に通じるところがあります。




                      かつては日本が少し雑な商品を(恐らく安価で)輸出していた。
                      実際の商品とともに、そういったこともお見せしたくて
                      今回の展示にしました。

                      もちろん輸出されていた文房具達も
                      とてもか愛らしかったりユニークだったりで
                      大好きな者たちです。

                      お立ち寄りいただいた皆様、
                      ありがとうございました!
                        たいみち




                      [ブング店]

                      今回、ブング店では放浪書房さんから
                      小さい屋台「コアキーナ」をお借りての営業でした。

                      いつもは平面に漫然と並べるだけでしたが、
                      コアキーナシリーズ大活躍で、
                      お客様らかもとても見やすい店舗になりました。



                      この小さい棚のようなものが移動式屋台「コアキーナ」です。




                      ちょっとこういった什器があるだけで、
                      かなり雰囲気が変わりますね。
                      そのおかげなのか、ブングジャムの皆さんの本が完売するなど
                      なかなかの売れ行きでした。






                      ブング店にお立ち寄りくださったみなさま。
                      どうもありがとうございました。

                      足を止めて「あらこんなのあったわね」
                      そんな会話を聞いているのが
                      楽しかったりします。

                      これからも是非よろしくお願い致します。




                      ブングテン16 展示・ブング店の報告は以上です。

                      次回ブングテンは11月16日(第3日曜日)

                      今年最後のブングテンになりますので、
                      どうぞよろしくお願い致します。



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM