スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.12.03 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ブングテン15 開催模様のご報告

    0

      ブングテン15 開催模様のご報告

      ブングテン15開催から早くも2週間。
      遅ればせながら、開催模様のご報告です。

      なお、今回は一部出展者ご本人からコメントや写真を提供してもらいました!



      [ワークショップ]

      ■カルパッチョ佳代子
      「デコラッシュで豆本作り(巻物タイプ)」






      twitter: @carpacciokayoko
      https://www.facebook.com/kayoko.shibata.50

      前回のタイトルに(仮)を付けた、蛇腹タイプよりグレードUPを目指そう!と意気込んで、
      今回は巻物タイプで準備の上、ご参加の方をお待ちしました。

      豆本そのものを作る製本工程より、まずはデコラッシュの“1柄引き”で物語を展開する。
      長引きでない、悩みながらの工夫の楽しさを味わえれば、目的はクリア!です(苦笑)


      無理に絵本にならずとも、最初は自由に、まずは好きな柄を。
      お気に入りのモチーフいっぱい!てんこ盛り!を増やしていく作業を通じて、いつでも手元で
      愛でられるお土産豆本を、楽しく完成させて頂ければ…とつたない教え方ながらの希望です。


      巻物を作るに当たり、プロの豆本作家さん方にも悩む箇所を質問したり、コツを伺っての
      今回でした。

      若輩出展者ですが、また出展の機会あれば、狙いはあくまでもデコラッシュを引く楽しみを最優先に、
      より気軽に作れる豆本仕様を探って備えようと思います。
      色々と誠に有難うございました。

      (カルパッチョ佳代子)
       
      ■川窪万年筆
      「ワンコインクリニック」「天年筆」作成ワークショップ






      twitter: @kawakubo_fp
      facebook: katsumi kawakubo
      http://kawakubofp.com



      天年筆のワークショップの時は、
      竹やワラビなど文房具とは縁がなさそうな自然素材が積み上げられます。

      何度も見ているはずなのに
      見るたびうれしくなるんですよね。

      「簡単なものが出来上がるかと思ったが、しっかりしたものだった」と
      ツイートしてくださった方がいました。


      そうそう、川窪さんは職人さんですもの。
      ワークショップで出来上がるものも
      ちゃんとしているんです。


      年に1回はブングテンで継続的に開催されているので、
      是非参加してみてくださいね。

       
      ■isu
      「筆記具改造講座15」






      twitter: @uncomf_chair
      http://blog.livedoor.jp/uc2/


      今回の「改造講座」ですが、小学生を含む9名の受講者で盛況でした。

      特に人気があったのは、「ミニ木軸シャープ」の改造です。
      遠く広島からお越し頂いた方や、メモを取りながら熱心に受講された方も
      いらっしゃり、ありがたさと同時に恐縮してしまいましたが、
      皆さんに完成した改造文具を喜んでいただけたと思っています。
      (isu)
       
       
      ■羽鳥喜代志
      「ラミネートでオリジナルしおりを作ろう」




      とにかくをデコるための素材が毎回山盛りなので、
      お子様や女子に大人気です。

      作品を写真に撮り始めたものの、
      すぐに忙しくなって、
      最初のお客様だけしか撮れなかったそうです。

      楽しく選んでいただくために、素材の置き方を工夫しなければと
      次回に向けて頭を悩ませている羽鳥さんでした。







      ■ジブング研究所
      「古雑誌の逆襲」




      毎度おなじみ、芯に紙を巻きつけ鉛筆を作るというワークショップでございます。

      今回は本郷三丁目にある雑貨屋「ミッテ」さんで売れ残りの雑誌を掘り起こし、
      その紙を鉛筆として復活させるというワークショップでした。


      古雑誌は紙の質や厚さがバラバラなせいで、難易度が高く、苦戦させてしまったお客様も少なくなかったのです。
      次回はもっと作りやすさの観点からチャレンジしてみたいと思います。

      ともあれ、沢山の方に古雑誌たちの復活に協力していただき、素敵な鉛筆が旅立て行きました。
      (ジブング研究所)






       
      ■木木屋
      「けしけし消しゴムはんこミニ体験」
      〜〜〜刃物なんて使わない〜〜〜





      twitter: @kikiyastamp
      http://kikiyapon.exblog.jp/

      木木屋です。
      ブングテン15にご来場、ご参加くださり、ありがとうございました。

      今回は久しぶりにブングテンで消しゴムはんこの講座を開催しました。

      「けしけし消しゴムはんこミニ体験」

      真四角の消しゴムをゴシゴシこすって形を変えて、
      そこから、もうひと遊び。
      刃物を使わないので、小さいお友達も大きいお友達も
      同じようにけしけし。
      オリジナルの封筒やポチ袋を作ってお持ち帰りいただけました。

      というつもりだったんですが・・・
      当日ちょっと思いついちゃったんで・・・・・・

      もう一つワークショップの内容を追加しました。

      「ボールペン紙版画」
      名前は後日付けたほど出来たてホカホカのワークショップ。
      こちらもいろんな方が挑戦してくださり、新しい作品を
      作り上げてくださいました。

      ブングテンのワークショップでは毎回参加者さんが
      ただ習うというよりも一緒に楽しいことを追及してくださる
      感じがします。

      面白いことにならないかなぁ〜〜?と。

      これからも文具と笑顔でつながった何かを共に
      面白がっていけるワークショップを考えていきますので
      よろしくお願いします。



      ワークショップ参加のお子さんの作品




      [展示]
       
      ■kana
      「人型鉛筆削りの展示とプレゼントコーナー」





      http://blogs.yahoo.co.jp/kana883950

      ずらりと並んだ騎士たちや大統領。
      毎回「こんなにあるんだ」と感心してしまいます。
      よく集めたな、と思ったのですが、騎士は1人足りないそうです。

      一人足りないということを把握できているのがすごい!
      さらに感心です。

      すっかり定着したプレゼントコーナーからは
      今回もたくさんの鉛筆削りが旅立っていきました。

      そしてアンティークの回転刃鉛筆削りお試しコーナー!
      貴重な体験ですね★


      次は何でしょう。

      9月が楽しみです。





       
      ■INOUE
      「太芯×太軸シャープと、太芯×短軸シャープ」




      Twitter:@everfutoshin


      丸々太ったおちびさん達!
      今回のinoueさんの展示です。

      見た目だけでなく、もちろん0.5より太い芯の
      太芯です。


      太芯を基本として、毎回微妙に違うバリエーションなのが
      すごいです。

      それに、毎回試し書き用のノートがあるのですが、
      なぜか見ごたえのある試し書きです。


      太芯伝道はまだまだ続きます。






       
      ■ものぐさ博物館 館長
      「芯ホルダーとその周辺。」




      twitter: @monogusa3579
      http://blog.goo.ne.jp/monogusa-hakubutsukan


      芯ホルダーと言っても使う機会がない方には、
      おそらく何の事だかわからない筆記具です。

      ここ数年でヒットした「大人の鉛筆」というと
      少しイメージできるでしょうか。


      簡単に言うとシャープペンシルの芯が太いものです。
      用途によっていろいろな太さがありますが、
      主に2ミリ芯が一般的で、製図用具の一つです。

      そんな芯ホルダーがずらりと並んだ館長の展示。
      かなりレアなものもあり、店頭で販売する際の箱などが
      そのままついているものもあり、
      芯ホルダー好きからみるととてもうらやましいものが多数展示されていました。




       
      ■たいみち
      動物の古い文房具




      twitter: @tai_michi
      http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi

      動物の名前がついている商品や、ブランドマーク自体が動物など
      動物の文具は多くあります。

      そんな動物の文具を、動物の種類別にまとめました。

      草食動物、猛獣、砂漠の生き物、げっ歯類
      それに虫類や水生動物など。

      単体で多かったのは象と犬、意外とないのが猫でした。

      並べてみると、重厚なホッチキスからお子様向けのかわいらしいものまで
      何ともまとまりのない混沌とした展示に。


      でも、ツイッターなどを見ると「ファミリーコーナー」が人気で、
      全体的に結構お楽しみいただけたようです。


      ごちゃごちゃ展示を楽しんでいただいた皆様
      ありがとうございました!
      (たいみち)






       

      今回、会場に休憩スペースを設置して
      雑誌を置いてみました。
      ちょっとおしゃれでしょう!?
      スペースに余裕があるときは
      またやりたいと思います。








      [ブングテンSHOP ブング店]





      ブング店もたくさんのおきゃく様にお越しいただきました!
      どうもありがとうございました!



      次回ブングテンは9月21日です。
      今後ともよろしくお願いいたします!




       

      ブングテン14 開催模様のご報告

      0
        ブングテン14 開催模様のご報告



        大変遅くなりましたが、ブングテン14開催模様のご報告です。

        3/23(日)今年最初のブングテンが開催されました。
        お天気に恵まれ、穏やかで楽しい一日でした。



        [展示&ワークショップ]

        ■ヨシムラマリ+文具王 高畑正幸 + イロブン きだてたく
        「でかい文房具」と「roll table」展示&試し書き
        twitter: @coromegane
        ブログ:
        コロメガネ(絵日記) http://coromegane.tumblr.com/
        絵日記ノススメ(描き方) http://howtoillustlog.blogspot.jp/

        twitter: @bungu_o
        http://bungu-o.com/

        twitter: @tech_k
        http://irobun.com




        「普通より小さい」「普通より大きい」
        それだけで、人は驚いたり、楽しめたり、感心したりするもの。。。
        ということを改めて実感しました。
        通りがかった人が皆、「えっ」と思う
        でかい文具。

        そしてロールテーブル試し書きは、お子様に大人気。

        子供って、真っ白い紙を目の前にして何を描こうかとか
        絵が下手だからとか
        そんな躊躇や遠慮はないんですね。

        夢中になって描き続ける姿に、ちょっとした感動を覚えました。

        大人にも子供にも大人気のコーナー。
        貴重なロールテーブルをふんだんに提供していただいて
        感謝です!




         
        ■川窪万年筆
        「万年筆図書館」「ワンコインクリニック」
         
        twitter: @kawakubo_fp
        facebook: katsumi kawakubo
        http://kawakubofp.com

         ワンコインクリニック中の川窪さん。かっこいい!

        ブングテンおなじみのお得なワンコインクリニックに加えて
        今回は貴重な万年筆資料を展示。

        古い資料は絵や写真が美しく、見ているだけで楽しいものです。
        専門家ならではの資料の質と量。

        見る機会もなかなかないし、ましてや入手は困難な資料も多数。

        そんな資料を展示してもらえるブングテンはなかなかすごいなと
        改めて思いました(自画自賛 笑)

        「今度、万年筆だけでなく、文房具の資料を見てもらう会をやりたいですね」
        川窪さんとそんな話もしました、実現させたいものです。




        [ワークショップ]

        ■&B
        「手縫いの革文具『めもっトコ』ワークショップ」

        Twitter:@acura_rossi 


        製本教室仕込みのテクニックで、メモ帳作成のワークショップの&Bさん

        初参加にして大盛況、しっかり者のお嬢さんと二人三脚でフル回転。
        参加した方もおしゃれなメモ帳を楽しそうに作ってましたが、
        &Bさんとお嬢さんの奮闘振りもほほえましく。

        やっぱりイベントは参加するほうも主催側も楽しいのがいいですね。




        ■きたきつねの文具館
        「テープ剥がし講座」

        twitter: @dr_northfox
        http://northfox.cocolog-nifty.com/stationery/




        だまされたと思って座ってごらん。
        テープはがしをやってごらん。

        そんな前口上をつけたくなるようなワークショップ。

        スグレモノペーパーナイフときたきつねさんの親切解説で
        するするっとテープが剥がせちゃいます。

        前回と続いて2回目開催のこの講座。
        いぶし銀的人気で、たくさんご参加いただき
        お持ち帰り用ペーパーナイフがなくなったそうですよ。

        またいつかやって下さい!

         


        ■Kuff Luff
        「真鍮のペーパーウェイト」

        twitter @kuffluff
        http://kuffluff.com/
         


        金属を使ったワークショップは、ブングテン初!ですよ、確か。
        それも真鍮。

        素材だけできらきら豪華ですが、それにクフラフさんの雰囲気のあるイラストを転写しての
        ペーパーウェイトを作るワークショップ。
        このキラキラ感が女子に人気だったそうです



        真鍮に転写ができることも初めて知りました。

        素材も手法もどんどんバリエーションが増えるクフラフさんのワークショップは
        今後も注目です★

        ■isu
        「筆記具改造講座14」

        twitter: @uncomf_chair
        http://blog.livedoor.jp/uc2/
         


        改造講座の先生、isuさんは
        シャープペンシルの形をした
        「シャー帽」で登場。

        このシャー帽、芯が出たり入ったりするんですよ。

        そのシャー帽で改造を講義する姿は至って真面目。
        すっかりおなじみの「ミニ文具改造講座」や
        予約なしでできる簡単講座で親切に
        やすりすりすりしながら、参加者の皆さんの改造をサポート。


        改造ファンは静かに増殖中です。





        ■木木屋
        「全力でにじませよう!!」

        twitter: @kikiyastamp
        http://kikiyapon.exblog.jp/




        木木屋さんは消しゴムはんこの作家さん。
        そして書道もできちゃう多才な人。

        今回はお習字木木屋さんで参戦。
        「やってみたかった」と言って持ってきたのは
        「にじみ」ワークショップ。

        なんだなんだ?と思ったけれど、これ、みなさんとても楽しそうに
        にじみお習字してました。



        作品は後日郵送されてくるという二度楽しめる仕掛けもさすがです。

        「消しゴムはんこの木木屋先生はやさしいけど
         お習字の木木屋先生は結構厳しくて
         新鮮だった。」

        そんな感想も聞かれました。




        ■羽鳥喜代志
        「ラミネートでオリジナルしおりを作ろう」
        twitter@kiyhat



        ほっこり笑顔の羽鳥さん。
        お得意のしおりつくりワークショップは今回で3回目。

        机の上は、いつもしおりをデコるシールやマステなど
        華やかな具材が山盛りで、
        今回もお子様や女子が吸い寄せられていました。

        それにラミネーターって
        なかなか家庭にはないので、それが使えるだけでも
        楽しい経験。
        ですね!



        ■ジブング研究所
        「世界をこの手に!地図でブング作りワークショップ」
        twitter: @toru50   


        すっかりブングテン定番の紙巻き鉛筆。
        7色の虹鉛筆や、スイカ柄、紙巻き鉛筆と一言で言っても
        これまでいろいろなバリエーションが登場してきました。

        今回は地図の紙巻き鉛筆。
        本物の地図を使ってなので、同じ場所の鉛筆は二本となく、
        中に巻き込んだエリアも二度と開かれることがないという
        紙巻き鉛筆秘密の地図版。


        その鉛筆を使っていると
        仕事中でも旅行の計画を立てたくなりそうです。




        [展示]
         
        ■kana
        「自動車型鉛筆削りの展示とプレゼントコーナー」

        http://blogs.yahoo.co.jp/kana883950




        鉛筆削りの展示と合わせて、プレゼントコーナーが人気のkanaさん

        今回は自動車型の鉛筆削り。

        ちょっとレトロなデザインの自動車が、鉛筆削りには多いようです。
        「これ全部鉛筆削り?」と毎回ご来場いただいた皆さんの目を引いています。

        そして今回、車の鉛筆削りだけでなく、
        カナさん秘蔵のアンティーク鉛筆削りや、削るときに顔が動くユニーク鉛筆削りも見せてくれましたよ。

        珍しいものを見ることができて、来場者の方も嬉しそうでした。



         
        ■INOUE
        「2ミリ芯シャープとロールペンケースの展示」

        Twitter:@everfutoshin


        0.5ミリより太い芯を愛すINOUEさん。
        実はロールペンケースコレクションもなかなかのもの。

        山と積まれたロールペンケースの中に
        自作をひとつひっそりと紛れ込ませていたようですよ。

        そんな奥ゆかしい展示方法がINOUEさんらしいです。


        来場者の方に、太芯に目覚めた方もいたようで、
        地道な太芯布教、これからも継続してもらいたいものです。




         
        ■ものぐさ博物館 館長
        「児童・生徒向け鉛筆の展示」

        twitter: @monogusa3579
        http://3579.dtiblog.com/



        文房具店回りをコンスタントにこなす館長は、
        ちょっと古い文房具なら何でも持っていそうです。

        今回は新学期に向けて児童向け鉛筆をお披露目&試し書き&プレゼント。

        ありましたよ、昔使っていたのと同じのや、欲しかった柄の鉛筆。

        懐かしいものを見ると、記憶って蘇りますよね。
        「これ、使ってた」「友達が持ってた」すっかり忘れていた友達の顔まで
        思い浮かんだりします。


        そんな効果もあるブングテンです♪





        ■たいみち
        「くっつく文房具」

        twitter: @tai_michi
        http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi



        のり、テープ、ラベル、クリップ、画鋲と
        ねばねば力や形状でくっつく文房具。
        古いものを中心に、「くっつく」くくりの展示でした。


        レトロなラベルや画鋲缶のレトロなデザインが人気でした。




          
        ■ブング店

        ブングテンメンバーによる販売「ブング店」も大変にぎわいました。
        古いものやオリジナルなど、珍しいものが多いので、
        買わなくても、立ち寄って眺めて、ちょっとお話しして・・・

        そんな風に楽しんでいただけると嬉しいです。(by 売り子)





         
        以上です。
        次回ブングテンは5/18(日)
        もうすぐですよ!

        引き続きよろしくお願い致します。


        ブングテン13 共同展示「私のグッとくる文房具」のアルバム

        0
          JUGEMテーマ:文房具・ステーショナリ
          ■「私のグッとくる文房具」Webアルバム

          ブングテン13で共同展示として、皆様から「私のグッとくる文房具」の写真・イラストを募集したところ、
          約50件の楽しい、素敵な文房具の写真・イラストが集まりました。
          せっかくなので、Web上にアルバムで公開いたします。

          モノもグッとくるポイントもそれぞれの「グッとくる文房具」
          是非ご覧ください。

          https://picasaweb.google.com/110674273532496121337/13?authkey=Gv1sRgCMSvrJ3_ps3yFA


           

          ブングテン13 開催模様のご報告〜展示・ワークショップ・ブング店編 〜

          0
            ブングテン13 開催模様のご報告【1】
             〜 展示・ワークショップ・ブング店編 〜



            すっかり遅くなってしまいました。
            ブングテン13の開催模様をご報告いたします。

            11/17(日)穏やかな秋の一日、
            今年最後のブングテンが開催されました。

            [ 展示 ]

            ■藤川研究所 
            「日本つけペンめぐり」 
            Twitter:@hiragien 
             http://pensaki.cocolog-nifty.com/blog/

            沢山の箱に一つ一つ説明をつけての展示は、さすがの迫力でした。
            それに資料としても貴重なラインナップです。
            「こんなのあるんだ」と感心して眺める方や、
            素敵なデザインに惹かれて足を止める方など会場の職員室入口で
            お客様をがっちりキャッチしてくれました。

            試し書き用のペン軸もレトロでいい感じのものを使用。
            中でもこけしのついているものがかなりのレアものとお見受けしました。
            いいものを見せていただきましたよ。





            ■古書カフェ くしゃまんべ
            「蔵出しトンボのPOP広告」


            Twitter:@KMB_oji
            http://ryodan.com/kmb


            会場に入ると、怪しい飛行船型の何かがくるくる回っています。
            その後ろにはトンボ鉛筆の大きな垂れ幕。
            トンボ鉛筆のコレクションの中からPOPという楽しいアイテムで会場を飾ってくれました。
            旗や看板や什器はあっても、動くPOPはなかなか見られません。

            飛行船を不思議そうに眺めるお客様の表情が印象的でした。





            動くPOPに心奪われる(?)お客様。

            ■INOUE
            「1.0ミリ芯以上のシャープペンシルたち


            Twitter:@everfutoshin
            回を重ねるごとに、展示している太芯シャープペンシルたちの特徴のアピールが
            うまくなっていますよ!
            「2ミリ以上〜」の展示では、一般の人はあまり見る機会も使う機会もない極太芯のシャープペンシルが。
            こういうものがみられると、ちょっと筆記具に詳しくなれた気がします。
            お客様の試し書きもいい味出してました。


             

             


            とても味のある試書き。

            ■ものぐさ博物館 館長
            「金属軸の筆記具」

            twitter: @monogusa3579
            http://3579.dtiblog.com/

            ずらりと並んだ金属軸のシャープペンシルやボールペン
            そういえば最近見なくなりましたね。
            入学のお祝いにボールペンとシャープペンシルのセットが定番だった時代もありました。

            一見地味ですが、芯を出し入れる機構が特徴的であったり、
            構造が面白かったり、それぞれ特徴があります。
            見た目ではなく、身の部分をとらえているのは
            好きな人ならではですね。

            ちなみに、展示した感触としては筆記具より下に敷いた紙が
            好評だったそうです!





            このパーツが「すごい」そうです。


              
            ■蛍窓舎
            「BBGツクール」


            twitter: @keisosha
            http://keisosha.com

            オリジナルの文房具を作ろう!とつくり方や実際の手作り文房具を展示したのは
            蛍窓舎さん。

            ISU式展開筆入れや、ミニ文具などのオリジナルの文具や素敵な作家さん作品を
            多く扱っている蛍窓舎さんらしい発想ですね。

            手作りと言っても手芸品のようなテイストではなく、より「製品」的なもの。
            こういうのも作れるんだよ、やってみようととお誘いの声が聞こえるようです。






            ■中村文具店
            「昔の伝票の表紙は洒落ていた」

             
            twitter:@nakamurabung10
            http://nakamura-bungu.com/

            いつもぎりぎりまでネタをオープンにしない秘密主義の中村文具店さん。
            何が出るかなとわくわくしていたら、
            今回はステキデザインの伝票シリーズが。
            昔は手書きでデザインしていたんですって。

            お金のやり取りをする時に、きれいな用紙の伝票で気持ちよくやり取りできるように。
            そんなことを思いながらデザインされたのでしょうか。








            ■たいみち
            「平らな古文房具」


            twitter: @tai_michi
            http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi

            ノート以外の「平らな」文房具・・・って何?
            ここでは明治時代に使われたミニ黒板のような「紙製石盤」や下敷き、
            カーボン紙などをご紹介。
            平らな文房具は、デザインや広告を印刷できるスペースが広いので
            時代の特徴がよく出ている素敵なものが多いですね。




             
            [ワークショップ]

            ■きたきつねの文具館
            「テープ剥がし講座」


            twitter: @dr_northfox
            http://northfox.cocolog-nifty.com/stationery/

            テープはがしのワークショップとはどんなものかと思ったら、
            いろいろなタイプのテープをはがしてみるそのままの内容でした。
            それがオリジナルのナイフがよくできていて、
            「よくはがれる」「気持ちがよい」と大好評!
            文房具の機能的価値をよくわかっているきたきつねさんならではの
            ワークショップですね。

            初参加にして、貫録の出展内容でした。






            ■isu
            「筆記具改造講座13」


            twitter: @uncomf_chair
            http://blog.livedoor.jp/uc2/

            毎回地道改造をしづつけて、改造ファンも講師力も確実に積み上げているISUさん。
            雑誌「グッとくる文房具」にも掲載されたんですよ。
            そして机の上にはしっかり「ぐっとくる…」の記事が置かれていました。

            雑誌を見てきてくれた人はいたのでしょうか?
            またあらたな改造ファンが増えたらいいですね。







            ■川窪万年筆
            「天年筆を作ろう!」「ワンコインクリニック」 


            twitter: @kawakubo_fp
            facebook: katsumi kawakubo
            http://kawakubofp.com

            天年筆ワークショップは、竹やワラビなど万年筆からはほど遠く感じられる素材から
            万年筆を作るという人気のワークショップ。

            天然素材は一つ一つ異なるので、
            自分好みの形や手触りを確かめながら
            自分で作り上げていく達成感が魅力ですね。

            作るための素材であるペン先やパーツを見るのも
            なかなか楽しいものです。






            ★今回、ワークショップの会場を職員室とランチルームで行いました。
            ここまでが職員室、これ以降がランチルームになります。
            ではランチルームに行ってみましょう!



            ■カルパッチョ佳代子
            「デコラッシュで豆本作り(仮)」


            twitter: @carpacciokayoko
            https://www.facebook.com/kayoko.shibata.50

            透明の修正テープに小さなイラストが載っている、という説明になるのでしょうか?
            デコラッシュはそういうものです。

            このデコラッシュの小ささ、柄の多さ、扱いやすさを生かして
            「豆本つくり」ワークショップが誕生しました。

            多種多様なデコラッシュも併せて展示。
            小さなお子様が一生懸命作っている姿のほほえましさ、
            出来上がりの豆本のかわいらしさにほっこりする
            素敵ワークショップでした。





             

            ■Kuff Luff
            「箔押しで作る文具ふせんセット」


            twitter @kuffluff
            http://kuffluff.com/

            まず、素材のデザインが素敵です!
            そして、ふせんカバーというのもいいですね。
            だって付箋はいつも引き出しの中で勝手に分離して
            汚れてしまっているものだから。

            箔が一般的な金・銀だけでなく、白があるのも新鮮でしたし
            何より「箔押しってそんなに簡単にできるんだ!」というのを
            伝えていることがいいなと思うのです。





            ■栗原まもる
            「漫画の効果線を描いてみよう!〜点描編〜」


            twitter@kurimamo
            http://ameblo.jp/kurimamo

            栗原先生第3回目の効果線ワークショップは、点々です。
            点点点点・・・・・・・ひたすら点点です。

            毎回小さな女の子が参加している姿を目にしますが、
            今回も小さな未来の漫画家さんが点々していました。

            いつか「小さいときにイベントで点々して、楽しかったので漫画かに・・・」なんて話が聞けるかもしれませんね。





            ■羽鳥喜代志
            「ラミネートでオリジナルしおりを作ろう」


            twitter@kiyhat

            しおりを作るための素材に大変たくさんのものが持ち込まれて、
            きらきらにぎやかなのが羽鳥さんブースです。

            こんなにいろいろ使えると、かなり贅沢なしおりが出来上がりますよ。
            素材を見ているだけでも楽しくなりますよ。







            ■ジブング研究所 
            「はぐれ鉛筆紙巻派」


            twitter: @toru50   

            久しぶりの紙巻き鉛筆ワークショップでは「スイカ柄」が登場!
            え、11月だけど!?
            いえ、いいんです、11月でも。よくできているんです、スイカ柄。

            紙の柄をシルクスクリーンで作るところからやっているので、
            削るちゃんと種があるようになっているんです、スイカですから。

            そのうち、「オレンジ」とか「メロン」とか
            出てきますよ。きっと。



             




            ★みちくさ市ブース(戸外) ★ 
            ブングテンSHOP「ブング店」








            くしゃまんべ店長が売り子の時は、
            ブング店はしばし「バナナのたたき売り」ならむ「ブングのたたき売り」の様相を呈します。


            ★今回、共同展示ということで、写真・イラストや、出展者たちの「グッとくる文房具」を
            展示しました。
            その様子は次の記事で!

            ブングテン13 開催模様のご報告 〜 共同展示編 〜

            0
              ブングテン13 開催模様のご報告



              [共同展示]

              今回、共同展示として、「私のグッとくる文房具」を行いました。
              現物の展示は、ブングテン出展メンバーから、
              そして写真・イラストは出展者に加えて、一般の方からもご提供いただき、
              職員室後ろの壁を埋める数の「グッとくる文房具」情報が集まりました。

              写真・画像は別途まとめて閲覧いただけるようにしようと思いますが、
              取り急ぎ、写真でご紹介いたします。

              ■現物展示の「私のグッとくる文房具」



              *製本教室で使っている定規。これが定規!?という衝撃の一品です。


              *本物の地図の本を生かして作ったノート・紙巻鉛筆、鉛筆立て。
                本物の地図なので、同じ場所はありません。





              *「矢立?」とおおらかな説明にグッときました。笑




               *定規のようなものにくりぬかれたアルファベット。
                これに青いパーツを使って紙にアルファベットを写すことができる道具です。

                これを実演したら・・・↓


              みんな興味津々でした!





















              *古いワイヤー式ホッチキス。






              *9月のブングテンで「OKB握手会(ボールペンの試し書き)」で参加の岩崎さん。
               11月のブングテンの直前に無事「グッとくる文房具」が発行されました。
               もちろんOKBが掲載されていて、握手会会場としてブングテンも載せていただきました。
               そんな岩崎さんの「グッとくる文房具」はもちろん「グッとくる文房具」



              ■写真・イラスト編











              *今回共同展示で参加してくれたブングジャムは、
              3人とも武器につながる文具が「グッとくる」ようです。
              皆さん日々戦っているのですね、きっと。


              *パーツのようで一つ一つ機能を持っているチームデミと、一つ一つに機能があるハリナックスのパーツ。
               約30年前の商品と3年前の商品。まったく別の人から出てきた2アイテム。偶然の対比が興味深い。





              *今回、イラストの投稿は少なかったのですが、その中で定規のイラストを投稿してくれた方が
               2人。
               絵を描く方にとって、定規って大事なポイントなのでしょうか。
               こういう偶然もたくさんの方に参加してもらったからこそですね。





              万年筆などの筆記具から、のりや定規、ホッチキスなどの事務用品系、
              そして古いものやちょっと変わったものなど
              約50種類の「私のグッとくる文房具」をご提供いただきました。

              会場で、沢山の方が見て下さいました!
              最初は心配でしたが、集まったものを拝見してみるととても楽しかったので
              またやりたいな、と思いました。


              ご協力いただいた皆様。
              本当にありがとうございました。


              次回ブングテンは来年3月の予定です。
              日程が決まりましたら、ブログ・ツイッター・FBで告知させていただきます。

              どうぞこれからもよろしくお願い致します。




              ブングテン12 開催模様のご報告(2)ワークショップ

              0
                ブングテン12 開催模様のご報告(2)ワークショップ

                開催模様のご報告、続いてワークショップです。

                おしゃれワークショップから
                一味(?)変わったものまで
                今回も楽しいメニューでした。


                (当日会場の様子)


                [ワークショップ]

                ■Kuff Luff
                「地紋入り窓付き封筒作り」

                twitter:@kuffluff
                http://kuffluff.com/

                とっても素敵な紙のデザインをするKuff Luffさん。
                今回ブングテンに初参戦です。

                ご自身によるデザインの地紋入りの紙で封筒を作ります。
                封筒の窓って、四角でないとダメなのでは?というのは思い込みのようです。

                ちょっと形を変えるとそれだけでも、かわいさが違いますね。

                紙好きのKuff Luffさん。
                サクサクと紙をカットする姿がとても頼もしく感じました。








                ■木木屋
                「蝋引き封筒を作ろう」

                twitter: @kikiyastamp
                http://kikiyapon.exblog.jp/

                消しゴムハンコの木木屋さん。毎回消しゴムハンコ+「何か」の合わせ技を要してくれます。
                今回はおしゃれな「蠟引き封筒」

                蠟引きって簡単にできるんですよ!
                前に教えてもらいました。
                見ていると
                粒上の蝋をアイロンでそーっそーっと溶かして蝋引き封筒ができていきます。
                なるほど、最初の「そーっと」がポイントですね!







                ■イロブン きだてたく
                「お前もペンにしてやろうかリターンズ」

                twitter: @tech_k
                http://irobun.com

                色々なものにボールペンの芯を装着=ボールペンにしてしまうワークショップ。

                きだてさんのワークショップですもの、
                ボールペンになるべくして用意されたのは
                ラケットやたわし、バールなどボールペンとは結びつかない物ばかり。

                さてさて、お客様の反応は!?
                結果、約10本の「ペンにされた雑貨」が生まれたようです。
                このきだてさんの発想力とお客様のチャレンジ精神
                見習わなければなりませんね!




                軸を入れるために、ドリルで穴をあけるため、
                重装備での作業になりました。



                ボールペンにされるのを待つバールや筆。




                ■ヨシムラマリ
                「ボールペンスケッチ部」

                twitter: @coromegane
                ブログ:
                 コロメガネ(絵日記) http://coromegane.tumblr.com/
                 絵日記ノススメ(描き方) http://howtoillustlog.blogspot.jp/

                前々回にスマホ絵日記で登場したヨシムラさんが
                久しぶりに登場です。
                ご自身の書いている絵日記を展示しつつ、ボールペンで絵を描きます!という
                「ボールペンスケッチ部」
                このネーミングも元気があっていいですね。


                そして、絵がうまいんです。
                ピンポイントで突いているところも面白く、
                みているとヨシムラさんのようには描けないとおもいつつも、
                自分も描いてみたくなる、そんなワークショップでした。






                 

                ■isu
                「筆記具改造講座12」

                twitter: @uncomf_chair
                http://blog.livedoor.jp/uc2/

                すっかり定番の筆記具改造講座。
                今回もミニ文具や筆記具の改造で皆さんゴリゴリやっていました。

                午前の早い時間に、小さい少年がやってきて、
                isu先生が優しく教えている様子(多分ほとんどisu先生が作った)や
                筆記具についてお客様と話に花を咲かせているさまが
                微笑ましい改造講座でした。

                isu先生は、とっても優しいので、
                興味はあるけど、ちょっと心配という方も
                是非次回ブングテンで挑戦してみてくださいね。




                 

                 

                ■川窪万年筆
                「天年筆を作ろう!」「ワンコインクリニック」

                twitter: @kawakubo_fp
                facebook: katsumi kawakubo
                http://kawakubofp.com

                 久しぶりの天年筆のワークショップ。
                さて、天年筆ってなんでしたっけ?

                天然素材で万年筆を作るワークショップです。
                天然素材+万年筆で「天年筆」。


                天然なので全く同じものは2つ無く、全部がちがう一品ものです。

                上手く手になじんだら、替えが効かない逸品になるかもしれませんね。








                ■ジブング研究所
                「ペーパーセメント中毒患者のオリジナルカード発生実験」

                twitter: @toru50

                 ジブングさんの発送は、ちょっと独特で、
                ブングテンにもいつも面白いワークショップを持ってきてくれます。

                で、今回はペーパーセメントでのカード作り。
                ジブングさんの主張によると、ペーパーセメントは
                とても素晴らしい素材だそうです。


                少しの素材で、なかなかおしゃれなカードができていました。
                カードにする前の素材選びも独特のセンスですね。
                作ったカードはどのように使ったか、参加してくださった皆さんに伺ってみたいですね!

                 





                ワークショップのご報告はこれで終わりです。

                今回は雨天のため、みちくさ市とあわせて販売 ブング店が中止になりました。
                大変残念ですが、ブングテン本体だけでも無事開催できたので
                よかったと思います。


                次回ブングテンは11月17日(第3日曜日)です。
                今年最後のブングテンになりますので、
                是非よろしくお願いいたします。


                ブングテン12 開催のご報告

                0
                  ブングテン12 開催のご報告(1)展示・OKB48握手会 

                  9月15日(日)、台風8号到来の足音が響く悪天候の中
                  ブングテン12はスタートしました。


                  当初、出展者が来られないのではないかと心配しましたが
                  遅れながらも全員集まり、無事スタート。


                  なんと午後には雨もやみ、青空が見えて暑いくらいの天気になりました。
                  お客様も朝の悪天候からは想像できないくらい
                  沢山の方にお越しいただき、
                  本当に感謝です。


                  当日の開催模様をご報告いたします。
                  まずこちらでは、OKB48握手会と展示について。

                  ◎「第3回OKB(お気に入りボールペン)48総選挙握手会(試し書き)」
                  http://okb48.net/


                  昨年の9月のブングテンでも実施された「OKB48総選挙 握手会」
                  (お気に入りのボールペンを探す大試し書き大会)が今回も開催されました。
                  第3回の総選挙となります。

                  午前の悪天候で、どれだけの方にお越しいただけるか大変心配でしたが、
                  約80名の方にご参加いただきました。


                  感謝感謝でございます。










                  [展示]

                  ■消しマニ
                  「最近の消しゴムコレクション大公開」
                  twitter: @keshimani
                  http://keshimani.com/


                  いつも楽しい消しゴムと、切れ味鋭い見せ方で消しゴムを魅せてくれる消しマニさん。
                  今回もビックリマンチョコ消しゴムあり、博物館・水族館ものあり、
                  どらえもんにオフィス家具などバラエティにとんだ展示でした。







                  ■kana
                  「動物型鉛筆削りの展示とプレゼントコーナー」
                  http://blogs.yahoo.co.jp/kana883950

                  すっかりおなじみなったkanaさんの鉛筆削りコーナー。
                  今回は動物の鉛筆削りが、ぎっしり。
                  リアルなものからとぼけたものなど、幅広いコレクション。

                  ケースの中で、動物たちがわいわい言っているようです。

                  中でも恐竜シリーズはリアルな出来で、kanaさん自慢の一品。
                  これだけの鉛筆削り、なかなか見る機会がないですね。





                  ■ブンボーグA(エース)他故壁氏
                  「他故壁氏の対面試筆シリーズ」
                  twitter: @takokabeuji
                  http://powertac.blog.shinobi.jp/

                  紙と筆記具があれば、誰が来ても会話が弾む、他故さんはいつも他故さんの話術と気持ちで
                  楽しませてくれます。
                  今回も用意した紙類に書いてみたり、
                  手触りだって大事です。
                  今回一緒に参加されたお友達の大澤さんと一緒に
                  お客様と紙について熱く語る姿が印象的でした。




                  ■中村文具店
                  「昭和の電子文具」
                  twitter:@nakamurabung10
                  http://nakamura-bungu.com/


                  電子文具は、使われているときはいいのですが、廃れてしまうとそもそも何をするものか、
                  使い方はどうなのかというのが、すぐわからなくなってしまいます。


                  中村さんは、そんなちょっと懐かしい電子文具を持っての参戦です。
                  古くから続く文房具店だけあって、中村さんは「なにをするもの」で
                  「どう使うか」をちゃんと知ってるんです。
                  このちょっと懐かしい電子文具が現役だった時に、お客様に説明していたことが
                  ブングテンでよみがえった、とでもいう感じですね。


                  初代テプラ、当初は画期的でしたが
                  今となると、なかなかじれったい逸品です。笑






                  ■INOUE
                  「太芯シャープ専門展〜やっぱり金属軸、金属グリップが好き」
                  Twitter:@everfutoshin

                  奇をてらわず、ご自身の愛する太芯シャープペンシルを際限なく展示するのが
                  井上さん。

                  シャープペンシル=0.5芯という先入観をぶち壊すべく、
                  お客様に太芯の魅力を伝道する井上さん。

                  熱心に見ていかれるお客様もいて、
                  太芯伝道力、意外と協力かもしれません。






                  ■ものぐさ博物館 館長
                  「舶来筆記具」
                  twitter: @monogusa3579
                  http://3579.dtiblog.com/


                  館長のコレクションは、一見よくわからないものが多いのですが、
                  一つ一つにはちゃんと理由や特徴があります。
                  今回は町の文房具店に昔からあった舶来の筆記具を試し書きを交えてご紹介。

                  館長の一押しの見た目と値段と書き味のバランスが一致しない(安いし見栄えもいまいちだけど書きやすい)
                  ボールペンなど、意外な発見がありました。





                  ■たいみち
                  「MAXコレクションとアメリカのホッチキス」
                  twitter: @tai_michi
                  http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi

                  ちょっと懐かしいタイプから現行品までのたくさんのホッチキス、
                  意外と存在感のないリムーバー(針外し)、それにアメリカのホッチキスという
                  なかなか重い(物理的に)展示でした。


                  リムーバーを使ってみて、「意外と便利!」という声も。




                  OKB48握手会、展示のご報告は以上です。
                  このあと「ワークショップのご報告」へ続きます。



                  午後にはこんな天気になりました。


                  ブングテン11 開催模様のご報告

                  0

                     ブングテン11 開催模様のご報告です。

                    3週間前の5月19日、
                    雨が心配されましたが、むしろ好天で最後まで持ち、
                    気持ちの良い一日でした。




                    今回、看板に凝っている出展が多く、
                    それだけも一つ一つの作品にです。
                    写真でもチェックしてみてくださいね。



                    それでは、まずは職員室の展示・その他とワークショップから
                    写真とともに開催模様をご紹介しましょう。




                    [展示]

                    ■ブンボーグA(エース)他故壁氏
                    「伊葉ノートブック試し書き」







                    twitter: @takokabeuji
                    http://powertac.blog.shinobi.jp/

                    鉛筆を使ってない方が来る想定でしたが、
                    初めから「鉛筆好きです」という方が来てくれて、
                    話が弾みました!と他故さん。

                    鉛筆について熱く語る姿は
                    誰もさえぎれないオーラを発散してました。

                    モノを並べるとか
                    何かを作るとかではなく
                    他故さんの思いを表現するのが
                    他故さんの参加方法です。


                    ■マグスター
                    「マグネット百貨店」





                    twitter: @magster
                    http://magster.net

                    百貨店のマークのマグネットを展示するのかと思ったら(←発想貧困ですみません、、)
                    百貨店の売りが場を再現しちゃいました!

                    アイデアとセンスとマグネットの量と質と
                    百貨店のフロア割の昭和カラーに
                    度肝を抜かれた展示です。


                    百貨店の屋上、
                    今でもペットコーナーとコインを入れて動く乗り物があるところは
                    いったいどれだけ残っているのでしょうか。


                    ■kana
                    「鉛筆削りの展示とプレゼントコーナー」






                    http://blogs.yahoo.co.jp/kana883950

                    今回2回目の出店のkanaさん。
                    今回は飛行機の鉛筆削りを持ってきてくれました。

                    なぜこれが鉛筆削り?と思うような大きなものや
                    アンティーク調の素敵なものなど
                    飛行機だけでこんなにあるんだと
                    今回も感心しました。

                    興味を持って下さるお客様と
                    ふわっと微笑んでお話されている姿が印象的でした。



                    ■蛍窓舎
                    「アウトドア文房具」



                    twitter: @keisosha
                    http://keisosha.com

                    「こんなところにも文房具!?」と意外なシーンで文房具の活躍を見逃さないのが
                    蛍窓舎さん。

                    文房具モチーフのファッションに、ペットボトルを利用した鉛筆けずりや
                    もちろん野帳も!
                    アウトドア文房具をもって、
                    文房具ファッションで山へ!海へ!



                    ■INOUE
                    「太芯シャープ専門展+芯の太さ別微妙な書き心地違い体験コーナー」





                    Twitter:@everfutoshin

                    太芯シャープペンシルなら、際限なくと言えるほど所有しているINOUEさん。
                    今回も太芯啓蒙活動にいとまなく。

                    「さらば、細芯」コーナーが笑えました。



                    ■ものぐさ博物館 館長
                    「こんなにあった100円シャーペン」





                    twitter: @monogusa3579
                    http://3579.dtiblog.com/

                    100
                    円シャープペンシルを使ったことがない人は
                    あまりいないと思います。

                    100円シャープペンシルを持っている人もたくさんいると思います。

                    でも、これだけの100円シャープペンシルを持っている人は
                    なかなかいません。

                    面白いですね。
                    なぜこんなに持っているのか
                    不思議な気がしますが、
                    そんな不思議な集め方をしているのが
                    館長の良いところ。

                    そんな館長の選択眼で集めたものを
                    展示してくれるのが
                    ブングテンの良いところ。
                    です!



                    ■Filix_
                    「文房具ブツブツ交換会」




                    twitter: @Filix_
                    http://d.hatena.ne.jp/filix/


                    ブツブツ交換会&マステ交換はすっかりブングテンの定番です。
                    職員室の入り口で、カラフルなマスキングテープを並べて
                    お客様をおむかえしてくれます。

                    Filix_さん自身がマスキングテープ大好きなので
                    いつも新しい柄やマステ話で盛り上がれるところが
                    人気の秘密ですね。



                    ■たいみち
                    「欧米のレトロ消しゴムコレクション」





                    twitter: @tai_michi
                    http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi

                    消しゴムコレクションというと、イワコーを代表とする「おもしろ消しゴム」が
                    主流です。

                    事務用消しゴムは、地味ですし、集めている人もごくわずか。
                    そんな地味な展示でバーンと後ろを取って大丈夫かと思ったら
                    なかなかカラフルな消しゴムコレクションでした。

                    ヨーロッパの地図に産国に合わせて消しゴムを貼った
                    「消しゴムMAP」はなかなか好評でした。



                    [ワークショップ]

                    会場1 職員室


                    ■Chai
                    ワークショップ「文房具のZINEを作ろう!」+ミニ展示「文房具イラスト」





                    twitter:@chaimemo
                    http://chaimemo.jimdo.com/

                    初出展のChaiさん。
                    お客様にその場で1ページ描いていただき、ZINEにするという新しい挑戦で
                    参戦です。

                    その場で絵を描くって、描き慣れていな人にはなかなかハードルが高いもの。
                    でも、さすが文房具好きな人たちが集まるブングテン。
                    ちゃんと10ページ分集まったそうです。

                    どんなZINEができるか、楽しみですね!



                    ■isu
                    「筆記具改造講座11」





                    twitter: @uncomf_chair
                    http://blog.livedoor.jp/uc2/

                    フリスクに入るミニ文具を作れる改造講座。
                    もちろん普通の大きさの改造講座も健在です。

                    実は女性の方にも安定して参加していただいています。

                    講座では、工具を使ってゴリゴリやることが多いのですが
                    出来上がるものがこんなにかわいいと
                    女子だって頑張ってゴリゴリやっちゃいます。

                    定番でありつつ、少しづつ進化している改造講座。
                    これからもどんな改造メニューが追加されるか、
                    楽しみですね。



                    ■栗原まもる
                    「漫画の効果線を描いてみよう!2」






                    twitter@kurimamo
                    http://ameblo.jp/kurimamo

                    「先生、今回はどうでしたか?」
                    「はい、皆さん黙々と線を引いていました」

                    楽しみ方って人ぞれぞれだと
                    感心します。

                    黙々とペンで線を引く作業。
                    お休みの日に、イベントにご来場いただいて
                    線引を楽しんでくださるお客様。

                    すてきなお客様だと思うのです。
                    また、線を引きにいらして頂きたいです。



                    ■川窪万年筆
                    「見え過ぎちゃう万年筆ワンコインクリニック」





                    twitter: @kawakubo_fp
                    facebook: katsumi kawakubo
                    http://kawakubofp.com

                    いつも川窪さんは「何か」してくれます。
                    ワンコインクリニックだけでも
                    とてもお得ですごいのですが、
                    毎回プラスアルファがあるんです。

                    今回は、プロジェクタ投影ワンコインクリニックと
                    ありそうでなかった企画でした。

                    ライブ感あふれるペンクリニック。
                    お願いしているお客様も
                    ただ待つのではなく、一緒に体験できるなんで
                    楽しいじゃないですか。



                    ■中村文具店

                    「文房具モビールワークショップ」




                    twitter:@nakamurabung10
                    http://nakamura-bungu.com/

                    ゆったりとゆれる文房具のモビール。
                    中村文具店さんらしい企画です。

                    今回は、三角定規でしたが、
                    色々な文房具をモビールにするのも楽しいですね。
                    でもはさみやコンパスはやめましょう!


                    会場2 ランチルーム



                    今回初めて、ワークショップでランチルームを使いました。
                    少し離れたランチルームに、お客様が足を運んでくださるか
                    気になる試みでしたが、初めて見たら大盛況。

                    校庭側が一面窓の明るい雰囲気も
                    ワークショップにピッタリでした。

                    今後もランチルームワークショップ、ありですね。


                    ■文具王 高畑 正幸
                    「オリジナルココフセンカードを作ろう!」









                    twitter: @bungu_o
                    http://bungu-o.com/

                    無地のココフセンカードに加えて
                    オリジナルの白いココフセンカード。
                    昨年9月に大好評だったワークショップが再登場。

                    今回もみなさん自分好みにデコレーションして
                    オリジナルのココフセンカード出来上がり

                    デコレーションって誰にでもできるのが魅力ですね。

                    文具王は普段より少し涼しげな王冠でお出迎え。
                    看板はカンミ堂さんオリジナルの大型ココフセンカード。

                    皆さん気づいたかな?

                     

                     


                    ■羽鳥喜代志
                    「ラミネートでオリジナルしおりを作ろう」





                    twitter@kiyhat

                    初参戦の羽鳥さん。たくさんの素材を用意して、
                    しおりつくりのワークショップです。

                    可愛い素材を切ったり貼ったり、そしてなかなかやる機会のないラミネーターに
                    皆さん興味津々。
                    こちらもみなさん楽しそうでした〜。



                    ■木木屋
                    「ペーパークリップで遊ぼう!!」





                    twitter: @kikiyastamp
                    http://kikiyapon.exblog.jp/

                    木木屋さんと言えば、消しゴムハンコ。
                    でもブングテンのワークショップでは、
                    彫るのではなく、新しい捺し方を教えてくれたり
                    捺す素材を提案してくれたり、
                    いつも「そんなこともできるんだ」が一杯のワークショップです。

                    小さいペーパークリップにペタペタハンコを捺して
                    可愛いクリップの出来上がり!


                    ■宇田川 一美
                    「封筒型ドキュメントケースをつくろう」





                    twitter: @udagawa_kazumi
                    http://www.udagawa-file.com/

                    手作りなのに、すっきりおしゃれでかわいい宇田川さんの手作り文房具。
                    素材はどれをとってもかわいいし、
                    楽しいおしゃべりも素材となってすてき文具に織り込まれます。

                    素材も人も作品も笑っているワークショップでした。



                    ■ジブング研究所
                    「世にも奇妙な文房具エンボス加工」







                    twitter: @toru50

                    紙巻鉛筆ワークショップでおなじみのジブングさんが、
                    今回は新メニューを引っ提げて登場。

                    エンボス封筒のワークショップは初とあって、
                    前日までは不安いっぱい。
                    でも始まってみたら人で一杯の一日になりました。

                    封筒ではなく、額装して飾ってもすてきですよね。


                    [販売]

                    【ブング店】

                    いつもの通りのブング店。
                    今回もたくさんの文房具達が
                    旅立って行きました。

                    螢窓舎さん手作りの鉛筆帽子が存在感を放っていたブング店。
                    お立ち寄りいただいて、ありがとうございました。







                    ご報告は以上です。


                    次回のブングテンは9月15日です。
                    7月は毎年お休みです。

                    準備期間がたっぷりあるので、
                    9月には面白いものやかわいいもの、すごいものを引っ提げて
                    参集したいと思います。

                    これからもどうぞよろしくお願いいたします。



                    ブングテン10開催模様のご報告▲錙璽ショップ編

                    0

                      【 ブングテン10 開催模様のご報告◆曠錙璽ショップ編

                       [ワークショップ]

                      ■ヨシムラマリ
                      「スマホぬりえワークショップ&モレスキン絵日記展示」


                      twitter: @coromegane
                      ブログ:
                       コロメガネ(絵日記) http://coromegane.tumblr.com/
                       絵日記ノススメ(描き方) http://howtoillustlog.blogspot.jp/


                      スマホだって文具だ!
                      ということで、スマホ塗り絵のワークショップでブングテン初参加。
                      以前からのブログファンの方がいらっしゃったり
                      皆さんスマホ片手に楽しそうなワークショップでした。



                      ■栗原まもる
                      「漫画の効果線を描いてみよう!」

                      twitter@kurimamo
                      http://ameblo.jp/kurimamo

                      初参加の栗原先生による、効果線を描くためのワークショップという
                      斬新、且つ漫画家さんならではの内容に
                      どれだけの反応があるのか興味津々。
                      始まってみれば、終始席が埋まっているほどの大人気ワークショップでした。





                      効果線を描く練習して、どうするの?
                      …そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。
                      いえ、描いてみたいから描くんです。そしてそれが楽しいいんです。
                      きっと皆さんそうだったと思います。


                      ■蛍窓舎
                      「文具改造講座mini」

                      twitter: @keisosha
                      http://keisosha.com

                      それぞれ約10分でできる「改造ミニ文房具」3種類のワークショップを
                      初ワークショップの蛍窓舎さんが大緊張しながら開催しました。


                      売店のブング店では、「さっき作って来ました」といって
                      自作小さい文具を見せてくれつつ、ブング店の小さい文具を買っていかれる方もいて、
                      皆さん楽しんでいただいたようです。



                      ■ジブング研究所
                      「紙巻虹色鉛筆ワークショップ」


                      twitter: @toru50

                      すっかり安定した紙巻鉛筆ワークショップ。
                      ジブングさんのコメントによると、今回はカップルで参加してくださった方が
                      数組いらしたそうです。
                      お二人で、7色の紙をくるくる巻いている光景は
                      とても暖かいですね。



                      ■川窪万年筆

                      ワークショップ「カリグラフィペン作成教室」
                       +ワンコインクリニック

                      twitter: @kawakubo_fp
                      facebook: katsumi kawakubo
                      http://kawakubofp.com


                      カリグラフィーペンを作るワークショップは世界初?と鳴り物入り
                      且つお得価格設定で大人気となったワークショップ。

                      ブングテン始まって以来の混雑ぶりだったのではないでしょうか。





                      そして、ブングテン開催後、大好評を受けて
                      改めてワークショップ開催が決定!

                      ブングテンからスタートしたワークショップが
                      拡大していくのって、嬉しいですね!

                       

                      ■中村文具店

                      「活版を使って古い鉛筆に名入れをしてみよう!」

                      twitter:@nakamurabung10
                      http://nakamura-bungu.com/


                      鉛筆の古い名入れ機と、貴重な金箔シートをまえに、
                      大緊張の中村文具店さん。

                      こちらも大人気で先着10名様ということもあり、行列ができました。
                      古い機会は無事10名様分終了まで頑張ってくれましたよ。



                      ■古書カフェ くしゃまんべ店長 竹内

                      「鉛筆でつくってみよう」

                      Twitter:@KMB_oji
                      http://ryodan.com/kmb

                      大好きな鉛筆を身に着けていたい!という発想から来たのでしょうか。
                      鉛筆をアクセサリーにするという新発想のワークショップです。
                      アクセサリーとなる鉛筆のチョイスも、
                      古鉛筆やスタイリッシュなものなどさすがの選択です。
                      ガリゴリ鉛筆を加工しながら、かわいいアクセサリーを作っていました。

                       

                      【ブング店】

                      ■ブングテンメンバーによるコレクションやセレクト品、作品の販売
                      「ブング店」

                      今回はお天気が良くて、
                      立ち寄ってくださるお客様も皆様とても楽しそうにしていらっしゃいました。

                      ひげダンスの塗り絵や秀樹の下敷きをネタに、お客様と一緒に
                      沢山笑わせていただきました。

                      また、出展者達が用意したオリジナルやデッドストックなどの珍しい文房具達も
                      多数旅立っていきました。






                      今回のご報告は以上です。

                      ブングテン・ブング店それぞれにお越しくださった皆様、
                      ツイッターやFB、口コミなどでご協力いただいた皆様

                      いつも、そして今回もありがとうございました。

                      次回は5月19日(日)です。

                      これからもどうぞよろしくお願いいたします。

                       


                      ブングテン10開催模様のご報告‥玄編

                      0



                        【 ブングテン10 開催模様のご報告 枦玄編

                        ブングテン10開催から早くも10日になろうとしています。
                        早いですね。

                        少し遅くなりましたが開催模様をご報告いたします。
                        今回はシャシン10や共同展示などもありますので、
                        2回に分けてUPします。



                        「ブングテン10回記念。シャシン10(テン)!」




                        10回目の今回は、過去のブングテンの写真の展示を行いました。
                        いつの間にか10回目になったブングテン。

                        過去にいらしてくださったことのある方は
                        「私は前4回目に来たんだ!」「これ知ってる」などと言いながら
                        写真を見ていらっしゃる方もいました。

                        でも、一番懐かしかったのは出展者達かもしれませんね。



                        シャシン10!こぼれ話ならぬこぼれシャシン。

                        いつも素敵な写真を撮ってくれるジブングさんが、
                        現在写真を題材としたマンガ「閃光少女」作者のあさのゆきこ先生に
                        アンティークな大判カメラについて廊下で熱く語っていました。

                         


                        【共同展示】「筆箱・ペンケース」





                        今回初の試みの共同展示。
                        当日までどれくらいの量や種類の筆箱が集まるのか
                        全く分からなかったのですが、
                        開けてびっくり!用意したスペースに乗り切らないほどの筆箱・ペンケースが集まりました





                        特に文具王 高畑正幸さんの筆箱コレクションは、
                        懐かしくてスゴイ仕掛けもの。
                        文具王自らの説明もあり、終始賑わっていました。




                        筆箱に見えない筆箱たちはおもにイロブンきだてさんのコレクション。
                        少年も不思議筆箱に興味津々。
                        きだてさんご自身に説明してもらえたようですね。

                        マグネット文具を詰め込んだマグネット文具ペンケースは
                        マグスターさん


                        この筆箱があれば、漫画かかける!
                        現役活躍中のオーラが漂うペンケースはあさのゆきこ先生。



                        懐かしいキャラクターは主に中村文具店さん。

                        それに「象が踏んでも壊れないアーム筆入れ」を踏んでみるコーナーも設置。
                        おそるおそる体重をかけるお客様の姿が印象的でした。

                         

                        なかなかこれだけの時代・種類の筆箱が集まることはないでしょう。

                        共同展示、またやりたいですね。

                         

                        [展示]

                        ■kana
                        鉛筆削り展示

                        鉛筆削りコレクションの展示。
                        http://blogs.yahoo.co.jp/kana883950

                        今回初参加のkanaさん。
                        興味のある方には鉛筆削りをプレゼントという太っ腹企画!



                         

                        ■藤川研究室
                        「ペン先の いろんなかたち」

                        Twitter:@hiragien
                        http://pensaki.cocolog-nifty.com/blog/

                        なぜこんな形をしているのか。理由があったりなかったり。
                        見ているだけでも楽しいペン先を
                        試し書きもできるなんて、なかなかありません。


                        ■INOUE
                        「太芯シャープ専門展」

                        Twitter:@everfutoshin
                        0.9ミリ芯以上のシャープペンシルを中心に展示します。
                        太芯シャーペンなら果てしなく持っているINOUEさん。
                        色違いのカラフルなシャーペンは、おしゃれでちょっと変わっているステキ筆記具です。




                        ■ものぐさ博物館 館長
                        「箱入り文具」

                        twitter: @monogusa3579
                        http://3579.dtiblog.com/

                        なんでも鑑定団を見ていると、焼き物でもブリキのおもちゃでも箱の有無で価値が変わります。
                        文房具だって、その通り。
                        化粧箱があるものは当然、流通時に使われて一般のお客さんの手に渡ることのない流通箱があると
                        それだけで素敵さがグッとUP。

                        今の流通箱は、そっけない品名とコード類だけですが、
                        昔は流通箱にも商品がデザインされていて、いいデザインのものが多数ありました。

                        なかなか見られない流通箱のさすがの展示でした。


                        ■たいみち
                        「レトロ絵具コレクション」
                        twitter: @tai_michi
                        http://blogs.yahoo.co.jp/tai_michi

                        昔はチューブでなく、色毎小皿に入っていたり、固形で紙に巻いてあったり…
                        チューブもアルミ製で、中身が乾いてくるとくしゃくしゃになったり
                        そんなところが味の絵の具展示。




                        展示はここまでとなります。

                        ワークショップは開催報告△悄





                        皆さん楽しそうに見て下さいました!
                        ありがとうございます。



                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM